映画『宵闇真珠』の初日舞台挨拶が本日15日に渋谷シアター・イメージフォーラムにて行われ、俳優のオダギリジョーが登壇した。

会場に入った瞬間にマスコミの近さに戸惑いと驚きの表情を見せて観客の笑いを誘ったあと、『恋する惑星』などで知られる名カメラマンのクリストファー・ドイルとタッグを組んだ感想を語った。

画像1: 『宵闇真珠』初日舞台挨拶で
オダギリジョーがクリストファー・ドイルとの撮影を振り返った

「僕らの世代からすると、クリストファー・ドイルとウォン・カーウァイのコンビはとても偉大な存在なので、クリスから声をかけていただけたことが凄く嬉しかったですし、驚きました」とドイルが撮影と監督(ジェニー・シュンが共同監督)を務めた今作のオファーを受けたときの心境を明かした。

そんなドイル監督との撮影を「楽しかった」と笑顔を見せたあと、「ほとんどテストをしないんです。説明されることもあまりなくて“とりあえずやってみようか”という感じでした。アンジェラ(・ユン)と2人のシーンも、とりあえずカメラを回して“何が起こるか見てみよう”と。そこからタイミングなどを話し合ってみたり、やりながら作りあげていく感じでした」と撮影秘話を明かした。

画像2: 『宵闇真珠』初日舞台挨拶で
オダギリジョーがクリストファー・ドイルとの撮影を振り返った

更にオダギリが楽曲提供した劇中歌『JellyfishSyndrome』に関して「クリスとはよく飲みに行っていて、そのときに“今は何をやってる?”という話になったので“最近は曲を作っているよ”と話したら“使いたい”みたいな…飲み会のノリですよね(笑)」このあと劇場内に『JellyfishSyndrome』が流れ、「そんなじっくり聴くようなもんじゃないです(笑)。もともとジャズ調に作った曲なんですけど、女性ボーカルの声を加工して、ドラムやギターのように聴かせたりして遊んで作ったんです。だからクリスも気に入ったんじゃないかなと思います」と楽曲制作秘話や曲が使われた経緯などをにこやかに語る場面も。

画像: スクリーンにはドイル監督と自身を捉えたメイキング写真が映し出された。

スクリーンにはドイル監督と自身を捉えたメイキング写真が映し出された。

一人で舞台挨拶をするのは久々だというオダギリは、恥ずかしそうな照れ笑いを浮かべつつも、初日に観にきた観客を軽快なトークで楽しませていた。

画像3: 『宵闇真珠』初日舞台挨拶で
オダギリジョーがクリストファー・ドイルとの撮影を振り返った

(取材/奥村百恵)

【ストーリー】
香港最後の漁村、珠明村。
幼少時から日光にあたるとやせ細って死んでしまう病気だと言い聞かせられ、太陽から肌を隠して生活する16歳の少女(アンジェラ・ユン)は、透き通るような白い肌の持ち主。村人たちからは「幽霊」と呼ばれ気味悪がられている。日没後、肌を露出しお気に入りの音楽をお気に入りの場所で楽しむことが、少女にとって唯一孤独を癒やす手段だった。ある日、どこからともなくやってきた異邦の男(オダギリジョー)と出会った少女は、今まで知ることのなかった自身のルーツに触れていくことになるのだが・・・・。

『宵闇真珠』
シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開中
監督:クリストファー・ドイル、ジェニー・シュン
脚本:クリストファー・ドイル、ジェニー・シュン
撮影監督:クリストファー・ドイル
出演:オダギリジョー 、アンジェラ・ユン
配給:キノフィルムズ
©Pica Pica Media

画像: C・ドイル×オダギリジョー『宵闇真珠』予告編12月15日よりシアター・イメージフォーラムほかにて公開 youtu.be

C・ドイル×オダギリジョー『宵闇真珠』予告編12月15日よりシアター・イメージフォーラムほかにて公開

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.