10月から東京、名古屋、大阪で順次開催され、大盛り上がりをみせた「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2018」で上映された各作品のソフトが、来春キングレコードより発売される。

そもそも「シッチェス映画祭」とは?

1968年に創設された「シッチェス映画祭」は、スペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月 に開催されている映画祭。SF、ホラー、サスペンスなどのジャンル映画を特化して扱う「世界三大ファンタスティック映画祭」の1つ。
今年10月の東京を皮切りに実施された「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション」は、シッチェス映画祭で上映された作品の中から厳選した作品を日本で上映する、シッチェス映画祭公認の映画祭。これまで2012年、 2013年、2014年、2015年と4回開催され、日本のホラーファンから復活を求める声が多数集まり、今年10月に3年振りに完全復活した。

台湾のカリスマ最新作、ダンボールの巨大迷路…どれもこれも面白い!

今回、リリースされる作品は、台湾文芸界のカリスマで監督デビュー作『あの頃、君を追いかけた』で大ヒットを記録したギデンズ・コー監督がモンスターに遭遇したいじめられっ子の恐怖を描いた『怪怪怪怪物!』(4/3 Blu-ray& DVD発売)、ダンボール製の殺人迷路を冒険するという奇想天外な設定が魅力のホラーコメディ『キラー・メイズ』(3/6 DVD発売)、脱獄犯の実話を基に「BONES-骨は語る」シリーズの監督が放つクライム・エンターテイメント『プリズン・ランペイジ PRISON RAMPAGE』(3/6 DVD発売)、シッチェス映画祭で批評家賞を受賞した異色の人狼ファンタジー・ホラー『狼チャイルド』(3/6 DVD発売)、伝説のホラー誕生から17年―再び活動を始めた伝説の怪物・クリーパーと人間たちの血で血を洗う激闘を描く『リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ』(4/3 Blu-ray&DVD発売)、エンニオ・モリコーネの音楽に乗せて地中海のほとりで血まみれの銃撃戦が繰り広げられるネオ・フレンチ・ウエスタン『デス・バレット』(4/3 DVD発売)。

画像1: 台湾のカリスマ最新作、ダンボールの巨大迷路…どれもこれも面白い!
画像2: 台湾のカリスマ最新作、ダンボールの巨大迷路…どれもこれも面白い!

なお、レンタルを含むすべての商品にバタリアンズによるオーディオコメンタリーが収録されることが決定。6作品、どれもこれも面白く、魅力的かつ強力なラインアップは必見だ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.