『レディ・バード』のシアーシャ・ローナンと『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』のマーゴット・ロビーというふたりのアカデミー賞ノミネート女優が、激動の16世紀英国を生きたふたりの女王を演じる『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』が2019年3月15日(金)より公開。このたび予告編が解禁された。
画像: 『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』予告編(90秒) youtu.be

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』予告編(90秒)

youtu.be
画像: 二大人気女優が火花散らす“女王”に!『ふたりの女王  メアリーとエリザベス』予告編が解禁

これまでに語られてきた常識を覆す、新しい英国王室の物語

本作は、スコットランド女王メアリー・スチュアートとイングランド女王エリザベスⅠ世の波乱に満ちた人生を描く。生後すぐにスコットランド女王、16歳でフランス王妃となったメアリー・スチュアートは、未亡人となった18歳にスコットランドへ帰国し王位に戻る。さらに、メアリーは隣国イングランドの王位継承権を主張、エリザベスⅠ世の権力を脅かす。

恋愛、結婚、出産を経験し、若く美しく自信にあふれたメアリーに複雑な想いを抱くエリザベス。誰よりも理解し合えたはずの孤独な若き女王たちは、従姉妹でありながら恐れ合い、それぞれ陰謀渦巻く宮廷の中で運命に翻弄され戦うのだった……。

メアリー・スチュアートのもって生まれた高潔さ、激情をシアーシャ・ローナンが鮮烈に演じ、エリザベスⅠ世の気高さ、繊細さ、孤独をマーゴット・ロビーが緊張感をもって体現。16世紀英国を揺るがしたふたりの女王の熾烈な戦いを、観客は息を止めて見守る。これまでに語られてきたメアリーとエリザベスⅠ世の常識を覆す、新しい英国王室の物語がここに生まれた。

このたび解禁された予告編では、冒頭から、隣り合う国に君臨する女王同士の、王位をめぐる並々ならぬ因縁の対決を予感させ、「友情か敵対か」「愛か憎しみか」というキャッチコピーが想像を膨らませる。また結婚と出産を経験するシアーシャ演じるスコットランド女王メアリー・スチュアートと、嫉妬にかられ泣き崩れるマーゴット演じるイングランドの“処女王”エリザベスⅠ世の姿からは、ふたりの女性のそれぞれの選択によってドラマが大きく展開していく様が垣間見える。

美しきふたりの女王にかしづき、寄り添う家臣には『ダンケルク』のジャック・ロウデンや話題作への出演が続き、テイラー・スウィフトの新彼氏としても一躍話題になったジョー・アルウィン、『メメント』『英国王のスピーチ』のガイ・ピアースらの姿も。終盤ではメアリーがエリザベスに「殺せるものなら、殺してごらんなさい!」と凄む、鬼気迫るシーンも。一筋縄ではいかない壮大なドラマを期待させる予告編だ。

ふたりの女王 メアリーとエリザベス
配給:ビターズ・エンド、パルコ
2019年3月15日、TOHO シネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国ロードショー
© 2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.