スティーヴン・スピルバーグ監督が準備中の「ウェスト・サイド物語」リメーク版のヒロイン、マリア役が決定したことを米バラエティなどが報じた。

オリジナルではナタリー・ウッドが演じたこの役は、ニュージャージー出身の17歳の新星レーチェル・ゼグラーに決まった。彼女はまだ高校卒業前というラッキーガール。さらにオリジナルでジョージ・チャキリスが演じていたベルナルド役も、新人デーヴィッド・アルヴァレスに決まった。モントリオール出身の24歳だ。
本作では主人公トニーにアンセル・エルゴートが扮し、ほかにオリジナルにも出演したリタ・モレノらの共演も決まっている。
公開日は発表されていないが、2020年後半か、2021年になるとみられている。アンブリンと20世紀フォックスの製作。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.