トム・ハンクスが主演するSF映画「バイオス」Biosの共演者が決定した。

トムが演じる主人公は、地球上の最後の生き残りになりとなった発明家。彼は、自分の犬を守るためにロボットを作り、ロボットがその使命を果たせるようにさまざまなことを教えていく。このロボットを「スリー・ビルボード」のケーレブ・ランドリー・ジョーンズが演じることになった。
 監督はTV「ゲーム・オブ・スローンズ」のミゲル・サポチニク。脚本をクレーグ・ラックほかが担当。プロデュースにはロバート・ゼメキスが参加。製作はアンブリン・エンターテインメント他。2020年10月2日全米公開。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.