第11回「日本ブルーレイ大賞」のアンバサダーに、アイドル・女優として活躍中の乃木坂46の堀未央奈が就任したことが発表された。
画像: 第11回「日本ブルーレイ大賞」乃木坂46の堀未央奈が『日本ブルーレイ大賞 アンバサダー』に就任!

19年は自身初の主演映画となる「ホットギミック」(6月公開)への出演も決定

映像コンテンツメーカーや映像機器メーカーが加盟する次世代デジタルエンターテイメントの普及団体「デジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン」 (会長:川合史郎、以下DEG ジャパン)は、2018年に発売されたブルーレイソフトの中で最も優れた作品を表彰する、第11回「日本ブルーレイ大賞」のアンバサダーに、アイドル・女優として活躍中の乃木坂46の堀未央奈が就任したことを発表した。

堀は、映画好きとしても知られており、今年は自身初の主演映画となる「ホットギミック」(今年6月公開)への出演も決定している。
2019年に女優としての活躍がますます期待される堀は、このたびブルーレイの魅力・特長を訴求しているDEGジャパンおよび「日本ブルーレイ大賞」の活動に賛同、「日本ブルーレイ大賞 アンバサダー」に就任となった。今後、アンバサダーとしてブルーレイの魅力を様々な形で発信していく。

画像: 19年は自身初の主演映画となる「ホットギミック」(6月公開)への出演も決定

<堀未央奈からのコメント>
~私は映画が大好きで、好きな映画を自宅で見る時は、断然ブルーレイでと決めているくらいブルーレイ派なので、今回「日本ブルーレイ大賞 アンバサダー」に就任できて本当に光栄です。好き史緊張しますが、アンバサダーとして、大好きなブルーレイの魅力を皆さんに伝えられるよう頑張っていきたいと思います!~

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.