最新のロンドン公演を映像に記録したロンドン版『The King and I 王様と私』が2019年2月22日(金)~24日(日)の3日間限定で、TOHOシネマズ 日比谷と大阪ステーションシティシネマにて、独占プレミア上映。主演の渡辺謙とケリー・オハラから、日本のファンに向けた《スペシャルメッセージ映像》が初公開された。

2人のダンスシーンも収めた、美しいナンバーで溢れる《予告編映像》も到着

第69回トニー賞4部門受賞に輝きミュージカルの2大聖地の観客を虜にした、渡辺 謙、ケリー・オハラ主演の2015年版伝説のプログラム『The King and I 王様と私』。主演の渡辺 謙とケリー・オハラから、日本のファンに向けた《スペシャルメッセージ映像》が到着!併せて、2人のダンスシーンも収めた、美しいナンバーで溢れる《予告編映像》も到着した。

今回到着した映像では、『The King and I 王様と私』で主演を務めた渡辺 謙とケリー・オハラが劇中衣装で登場。渡辺は「ロンドン・ウエストエンドのパラディウム劇場にて収録された、ロジャース(作曲)&ハマースタインⅡ(脚本・作詞)の名作『The King and I 王様と私』を、この素晴らしいカンパニーでお届けできることをとても嬉しく思っています。ぜひ劇場にお越しください!」と、日本のファンに向けて自信を覗かせ、続けてケリー・オハラも日本語で「待っています!」とメッセージを贈っている。

また、併せて到着した予告編映像は、誰もが知るクラシックの美しいナンバーとともに、アンナと王が心を通わせ「Shall We Dance?」を踊る名シーンや、チャーミングで透明感あふれるケリー・オハラの歌唱シーンも収められており、本作の上映に期待が高まる。

画像: ロンドン版『The King and I 王様と私』予告編 youtu.be

ロンドン版『The King and I 王様と私』予告編

youtu.be

バートレット・シャーが演出を手掛け、“異なる文化的背景を持つ者同士の相互理解“という現代的なテーマを打ち出し、今こそ観るべきミュージカルとして人々の心を捉えている本作。
渡辺 謙、ケリー・オハラ、ルーシー・アン・マイルズ、大沢たかおといった豪華キャスト陣の演技、そして歌と踊りが舞台を彩る。

ミュージカルの2大聖地の観客をも虜にした素晴らしいカンパニーでお贈りする2015年版伝説のプログラムを、この機会に是非スクリーンで見てみたい。

※本作品は2018年8月 ロンドンのパラディウム劇場にておこなわれた公演の生中継映像を収録した作品になります。
©Matthew Murphy

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.