「スノーデン」のジョゼフ・ゴードン・レヴィットと「ネイバーズ2」のセス・ローゲンが、「モリーズ・ゲーム」が共演する。

その作品はアーロン・ソーキン監督・脚本の新作「シカゴ・セブンの裁判」The Trial Of The Chicago 7 。ジョゼフは哲学者リチャード・シュルツ役、セスは左翼活動家ジェリー・ルービン役。
 映画は68年の民主党大会暴動事件の首謀者として起訴された文化人7人、"シカゴ・セブン"の裁判を描くもの。すでに「ファンタスティック・ビースト」シリーズのエディ・レッドメイン、「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」のサシャ・バロン・コーエン、「パーティで女の子に話しかけるには」のアレックス・シャープの出演は決定済み。製作はアンブリン・エンターテインメント他。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.