via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
2020年のアカデミー賞授賞式は例年より2週間ほど早く、現地2月9日(日)に開催されます。今回はどんな作品が有力とされているのでしょう?ここでは2020年の日本公開作の中から本命作品をチェックしてみましょう。

授賞式開催の2月に向けて日本でも本命作品が続々公開

アカデミー賞が開催される2月に向けて、日本でも有力作品が続々公開される。2019年中に日本公開、あるいは配信された作品では『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』『ジョーカー』、そしてNetflix映画の『アイリッシュマン』『マリッジ・ストーリー』といった作品が有力視されているが、ここでは2020年の日本公開作品の中から、今度のアカデミー賞主要部門を賑わせそうな作品を一気に紹介しよう。

本命5本!

本記事で紹介している作品はいずれも各部門の有力候補作品だが、特に本命視されているのが『パラサイト 半地下の家族』『ジョジョ・ラビット』『スキャンダル』『1917 命をかけた伝令』『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』、『フォード vs フェラーリ』といった作品。

パラサイト 半地下の家族(公開中)

画像: ©2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

©2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

韓国の巨匠ポン・ジュノが放つ衝撃作。『殺人の追憶』などの韓国の巨匠ポン・ジュノの最新作。“半地下”で暮らす貧しい一家と“高台の豪邸”で暮らす社長一家の想像を超える悲喜劇を、痛烈な格差批判もまじえて描く。カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞し、アカデミー賞でも本命の一本に。ビターズ・エンド配給。

ジョジョ・ラビット(2020年1月17日公開)

画像: ©2019 Twentieth Century Fox &TSG Entertainment

©2019 Twentieth Century Fox &TSG Entertainment

第二次大戦下のドイツを舞台に、10歳のドイツ人少年ジョジョとユダヤ人少女の交流をユーモアも込めて描く感動作。「マイティ・ソー バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティーが監督・出演。アカデミー賞に最も近いと言われるトロント国際映画祭観客賞を受賞。ウォルト・ディズニー・ジャパン配給。

スキャンダル(2020年2月21日公開)

画像: ©Lions Gate Entertainment Inc.

©Lions Gate Entertainment Inc.

FOXニュースCEOのセクハラ告発の実話。シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーという3大女優の競演でセクハラ告発の実話を映画化。FOXニュースを解雇された元人気キャスターが、帝王として局に君臨していたCEOのセクハラを告発、世界を揺るがす大騒動が勃発する。ギャガ配給。

1917 命をかけた伝令(2020年2月14日公開)

画像: ©2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

©2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

オスカー監督が描く第一次大戦秘話。第一次世界大戦の激戦地で、危険な伝令任務に就いた若きイギリス軍兵士兄弟の1日を描く。主演の若手二人を囲み、コリン・ファース、ベネディクト・カンバーバッチら英国俳優が豪華共演。オスカー監督サム・メンデスによる驚異の“全編ワンカット撮影”が話題。東宝東和配給。

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2020年3月公開)

画像: ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2020年3月公開)

超豪華キャストで『若草物語』を映画化!『レディ・バード』の才媛監督グレタ・ガーウィグが不朽の名作小説『若草物語』を、豪華オールスター・キャストを迎えて映画化。南北戦争の時代を背景に、四人姉妹の試練と成長を、シアーシャ・ローナン、ティモシー・シャラメ、エマ・ワトソンらの共演で描く。ソニー・ピクチャーズ配給。

This article is a sponsored article by
''.