スケートボーダーのリアルライフを描いた青春群像映画『STAND STRONG』が、7月24日(金)に公開。「東京オリンピック」での正式種目に決定したことでも注目を浴びているスケートボードを題材に、スケートボードに人生を捧げるスケートボーダーの光と影を映し出している。本作は、多数のCMやミュージックビデオを手掛ける菊池久志と日本人として初めて世界デビューを果たしたプロスケートボーダー岡田晋によって生み出された。日本のスケートシーン・ファッションアイコンでもある リアルスケーター中田海斗(K役) 佐川涼(RYO役) 松本崇(CHEN役) 日高大作レイ(DAISAKU役)の4人の主人公にスケートボードをはじめたきっかけから映画出演についてなどをインタビューした。

PROFILE

中田海斗

画像1: スケートボーダーのリアルライフを描いた映画『STAND STRONG』中田海斗×佐川涼×松本崇×日高大作レイ インタビュー

スケートシーンの一翼を担うスケートボーダーであり、スケーター・タレントとしての認知も高まる

佐川 涼

画像2: スケートボーダーのリアルライフを描いた映画『STAND STRONG』中田海斗×佐川涼×松本崇×日高大作レイ インタビュー

世界最高峰の大会「FISE WORLDSERIES HIROSHIMA 2019」スケートボードストリート部門で初優勝を果たした

松本崇

画像3: スケートボーダーのリアルライフを描いた映画『STAND STRONG』中田海斗×佐川涼×松本崇×日高大作レイ インタビュー

10代のクルーを牽引し、次世代をリードするバイリンガルスケーター

日高大作レイ

画像4: スケートボーダーのリアルライフを描いた映画『STAND STRONG』中田海斗×佐川涼×松本崇×日高大作レイ インタビュー

ルイヴィトンやTAKEOKIKUCHIのモデルとしても活躍するニューエイジ

まずは、スケートボードをはじめたきっかけから教えてください。

中田「僕がスケートボードを始めたきっかけは、元々サーフィンをやっていてサーフィンの練習でスケートボードをするようになりました。波がない時や季節によって、サーフィンができない時もあるので、同じくサーフィンをやっていた友達がスケートボードをやっていたのがきっかけで、小学5年生の時に、スケートボードを始めました。」

日高「あんまり覚えてないですけど、小学6年生の時に、いろいろ影響を受けて始めました。インターネットで見たり、まわりにスケートショップがあったり、一番のきっかけは幼馴染です。彼がスケートしていてスケボーに興味を持ったところからです。」

佐川「幼稚園の年長の春に、お父さんがサーファーでスケートボードもやっていて、いきなり海に入るよりは地上でということで始めたのがきっかけです。」

松本「2012年の7月にスケボーを始めたんですが、きっかけというのが、小学6年の時に転校をして、仲良くなってよく一緒にプールに行くようになった友だちが、スケートボードをしていると聞いてからやってみようと思ったことからです。たまたま同じ学校にいたという奇跡的な出会いですね。その彼は、今すごい活躍されているプロのスケートボーダーです。」

画像1: 中田海斗

中田海斗

画像1: 佐川 涼

佐川 涼

今回お芝居に携わってみて、演じてみていかがでしたか?

日高「もっとお芝居したいですね。ライアン・ゴズリングみたいになりたいですね。好きな俳優なんですけど。僕、あまり意識することなくセリフも自分なりに捉えて臨みました。セリフが俺を覚えてくれるというか!」

中田佐川松本「(爆笑)超ダサい!セリフが俺のことを覚えてくれるってー」

日高「楽しかったです!」

佐川「演技っていうよりは、こういう風な話をしてって言われたのを自分の言葉でできたのでやりやすかったです。台本はあるんですけど、自分の言いやすいように替えて。」

日高「シリアスなシーンが結構多くなかった?」

佐川「感情が、、、難しかったです。」

松本「僕は、普段のまんま、普段通りでした。セリフの量が多くなかったですし。監督がおもしろかったですね!」

中田「人が多いところで演じた部分もあって、最後のスケートパークで本当に試合をやっているんですけど、僕は試合に出てなくてその会場に撮影で行っていて、その時が一番恥ずかしかったですね。滑りたいんだけどなという葛藤があったんですけど、でも楽しかったです。地元で撮影したシーンでは、知り合いがいたので、恥ずかしかったですね。」

画像1: 松本 崇

松本 崇

画像1: 日高大作レイ

日高大作レイ

スケートボードを普段からしているみなさんにとって、スケートボードがオリンピックの競技になったことに関して、どう思いましたか?

中田日高「アツイと思いました。」

松本「アツイし、スケートボードって、競技も、ストリートもパークもいろいろあったほうがおもしろいじゃないですか。もっと盛り上がるんじゃないかなと思いました。」

日高「佐川プロ、いっちゃってくださいよ。」

佐川「全然イメージがつかなくて、予想できなかったです。今でも想像つかないですけど、そういう意味では楽しみですね。」

日高「スケートボードって、カルチャーのほうが大きくて、音楽やサーフィンとかからきていて、スポーツとしてやっている人もいれば、カルチャーとしてスケートボードをみている人もいればという感じで。僕はどちらかと言うとカルチャー寄りなほうが好きなので、スケボーからいろいろインスピレーションをもらって他のものに移したり、他のものからインスピレーションをもらってスケボーに移したりって、そういうのが好きですね。」

――お三方は競技寄り、カルチャー寄りどちらですか?

中田「僕は圧倒的にカルチャー寄りですね。」

佐川「両方とも観ます。」

松本「どっちもですね。でも好きなのはカルチャー寄りです。」

――本作は、スケーターのリアルが描かれていて、悩みや家庭内問題ですとか、プロデューサーの岡田さん自身や身の周りで起こっていたことなどが描かれているということですが、みなさんの周りにもよく見る光景でしたか?

日高「地域にもよるんですけど、もっとひどい地域もあります。」

画像2: 中田海斗

中田海斗

では、プロデューサーの岡田さんや監督の菊池さんからのアドバイスなどありましたか?

全員「普段通り、いつも通りでいいよということでした。」

日高「めちゃくちゃいい監督でした。プロデューサーも監督も友だちみたいな感じでしたね。スケボーの良いところは、上下がそんなにないんですよ!例えば僕が小学校6年生で友だち30歳。共通点がスケボーで一緒にスケボーしてということもありますし、すごいいいコミュニケーションツールだと思うんですよね、スケートボードは!」

画像2: 日高大作レイ

日高大作レイ

難しかったシーン、もしくは印象に残ったシーンをそれぞれ教えていただけますか?

松本「怒っているシーンが難しかったです。10テイクくらい撮りました。」

佐川「もうちょいいかなかった?みんなそのシーンは、苦戦してました。難しかったです。僕が難しかったのは、スケボーのシーンです。大会の時と、ストリートでのステア(階段)のシーン。ステアは、段数や階段の幅も結構あったので難しかったです。」

日高「知り合いがちゃっかりいっぱい映っていて思い出し笑いしちゃいました。難しかったシーンはないかもですね。印象に残っているシーンは監督が作品内で登場してきたところです。」

中田「僕は、乱闘シーン、あそこが一番演技でしたね。アメリカでお世話になった方とのシーンだったんですけど。あと、水中に潜るシーンは難しかったですね。水圧で耳が死ぬほど痛くなって、辛かったです。」

日高「どれくらい深いんですか?」

中田「7ⅿくらいかな。水中に沈んでいったところを、水中ドライバーさんに引き上げてもらいました。」

画像2: 佐川 涼

佐川 涼

主題歌「STAND STRONG feat. LIBRO, ポチョムキン, Bose & CHOZEN LEE」では、大御所のアーティストのみなさんが参加されていますね。

中田「ぶちあがりました!」

松本「めっちゃ好きだった!」

中田「本当に嬉しいですね。Boseさんには何度かお会いしたことがありましたし、CHOZEN LEEさんはずっと子どもの頃からLIVEを観に行っていたくらい好きな方で、ちなみに最近Instagramでつながってすごいあがりました。LIBROさんにも試写会でお会いしていい人でした!」

画像2: 松本 崇

松本 崇

今後もお芝居に挑戦する機会があれば、またやってみたいですか?

全員「はい、やってみたいです!」

松本「中国のカンフーの作品をやってみたいです。カンフーはやったことはないですけど(笑)。」

佐川「悪役やってみたいです。真反対の役をやってみたいです。」

日高「普段から映画をよく観るんですけど、ソフィア・コッポラ監督の『ロスト・イン・トランスレーション』のようなアート寄りな作品に出てみたいです。」

中田「どういう作品っていうのはないんですけど、今回のように楽しそうな作品があればやってみたいです。」

キャストメッセージ

画像: STAND STRONGキャストメッセージ youtu.be

STAND STRONGキャストメッセージ

youtu.be
画像: 映画『STAND STRONG』予告映像(7月24日公開) youtu.be

映画『STAND STRONG』予告映像(7月24日公開)

youtu.be

STORY

物語は、スケーターの溜まり場(タコス屋)から始まる。
「俺たちでさ、スケートチーム作らね!」「名前つけてさ」「THRASHERってあんじゃん」
「俺らは世界をぶっ壊す!CRASHERだ!」
4人のたわいもない会話から、CRASHER(クラッシャー)というスケートチームが生まれる。
各地のスケートスポットやイベントに繰り出すCRASHER。勢いある4人の活動はSNSを通じて、スケーターたちの間で徐々に広まっていった。しかし、当たり前のように一緒だった彼らの歯車は、リョウとケイが憧れのスケートブランド「ELEMENT」から勧誘された事をきっかけに脆く崩れ始める。
スポンサーがついた事に最初は一緒に喜んでいた二人だったが、周囲からの注目が集まっても純粋にスケートと向き合い徐々にチャンスを掴んでいくリョウに対して、ケイは、夜の街へと繰り出すようになる。父親からの暴力、SNSの炎上、仲間たちからも離れ、ケイは一人暗闇へと追い詰められて行く。まるで光と影のように別々の道へと進んでいくリョウとケイ。
世界戦への切符を決める大会が開催される中、それぞれが抱える切なる思いが明らかになっていくーー。

画像5: スケートボーダーのリアルライフを描いた映画『STAND STRONG』中田海斗×佐川涼×松本崇×日高大作レイ インタビュー

映画『STAND STRONG』

2020年7月24日 TOHO シネマズ池袋 ほか全国ロードショー

出演:中田海斗 佐川涼 松本崇 日高大作レイ サイプレス上野

監督・脚本:菊池久志
原作・プロデュース:岡田晋
撮影:菊池久志
照明:入尾明慶
録音:鎌田隆宏
サウンドデザイン:徳永義明
制作:丸山めぐみ / 岩本桃子
配給統括:宮崎聡
宣伝プロデューサー:芥川志帆 / 中村陸真

主題歌 : LIBRO / ポチョムキン(餓鬼レンジャー)/ Bose(スチャダラパー)/ CHOZEN LEE(FIRE BALL,THE BANG ATTACK)

配給:ギグリーボックス
制作:エイトピクチャーズ

©2020 Team STAND STRONG

Twitter:@standstrong_8Instagram:@standstrong_movie

画像6: スケートボーダーのリアルライフを描いた映画『STAND STRONG』中田海斗×佐川涼×松本崇×日高大作レイ インタビュー

オリジナル主題歌 LIBRO, ポチョムキン, Bose & CHOZEN LEE「STAND STRONG」

今回のMVを演出したのは、映画『STAND STRONG』で監督・脚本を務めた菊池久志。
LIBRO, ポチョムキン, Bose , CHOZEN LEEの4人各自がそれぞれ書き上げたリリックを持ち寄り、1つの歌に仕上げたところは、一番の特徴。リモートでないと集まれない状況下でも、まさに「STAND STRONG」と強く立ち上がれるような心揺さぶられるビートとスタイリッシュな映像は、”SKATEBOARD CINEMA”をよりエネルギッシュなものへと昇華させている。

【楽曲配信情報】
LIBRO, ポチョムキン, Bose & CHOZEN LEE「STAND STRONG」
DIGITAL | 2020.07.22 Release| Released by SPACE SHOWER MUSIC
1. STAND STRONG [https://ssm.lnk.to/STANDSTRONG]

【7inch発売情報】
LIBRO, ポチョムキン, Bose & CHOZEN LEE「STAND STRONG [7INCH]」
7INCH | JS7S280 | 2020.10月上旬発売予定 | 1,800Yen+Tax | Released by SPACE
SHOWER MUSIC / JET SET
A. STAND STRONG [https://ssm.lnk.to/STANDSTRONG]
B. STAND STRONG feat. LIBRO, ポチョムキン, Bose & CHOZEN LEE (Instrumental)

画像: LIBRO, ポチョムキン, Bose & CHOZEN LEE -「STAND STRONG」MV 映画「STAND STRONG」オリジナル主題歌 youtu.be

LIBRO, ポチョムキン, Bose & CHOZEN LEE -「STAND STRONG」MV 映画「STAND STRONG」オリジナル主題歌

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.