アクション超大作『マトリックス』の新章が、2021年12月に公開されることが明らかになった。

1999年に公開されるや、これまで誰も観たことが無い未曾有の映像体験で世界中を熱狂させた『マトリックス』。我々の生きるこの世界が、実は仮想世界であるという衝撃的な設定。緑にきらめくマトリックス・コード、クールでかっこいいネオとトリニティーのルック、斬新な映像と撮影手法、VFXとカンフーの組み合わせや、日本のアニメから影響を受けた異文化的斬新なアクションなど、これまでのアクション映画の概念を塗り替えた作品となった。
この『マトリックス』の最新作が、2021年12月全世界公開となる。
その邦題が(原題:THE MATRIX RESURRECTIONS)に決定した。「レザレクションズ」とは「復活」を意味する。副題が「R」※から始まるのもこれまでの『マトリックス』シリーズを踏襲している。この“レザレクションズ=復活”とは何を意味しているのか?
※2作目は『マトリックス リローデッド』/原題:THE MATRIX RELOADED
※3作目は『マトリックス レボリューションズ』原題:THE MATRIX REVOLUTIONS

ビジュアル&映像初解禁!

画像: ビジュアル&映像初解禁!
画像: 映画『マトリックス レザレクションズ』アナウンスメント予告映像(2021年12月公開) youtu.be

映画『マトリックス レザレクションズ』アナウンスメント予告映像(2021年12月公開)

youtu.be

9月9日(木)22:00には予告編が全世界で一斉解禁されることが決定。

メガホンをとったのは『マトリックス』シリーズの生みの親であり、シリーズ全作品を監督しているラナ・ウォシャウスキーが務める。
キャストには、ネオ役のキアヌ・リーブス、トリニティー役のキャリー=アン・モス、ナイオビ役のジェイダ・ピンケット・スミス、メロビンジアン役のランバート・ウィルソン、エージェント・ジョンソン役のダニエル・バーンハードらが、それぞれ同じ役を続投。
新キャストとして、ネオを救世主と信じ、世界の真実を伝え、彼を導くモーフィアス役に、『アクアマン』のブラックマンタ役で知られるヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世が、ネオの宿敵エージェント・スミス役に、Netflixオリジナルシリーズ「マインドハンター」
で主役のFBI捜査官ホールデンを演じるジョナサン・グロフが、それぞれ抜擢されている。
他にも新キャラクターを演じる、ニール・パトリック・ハリス、クリスティーナ・リッチらの出演が決定している。

今作はシリーズ3作目『マトリックス レボリューションズ』の続編ではなく、1作目の続編となる。

『マトリックス レザレクションズ』
原題:『THE MATRIX RESURRECTIONS』

2021年12月、全世界公開

監督:ラナ・ウォシャウスキー
出演:キアヌ・リーブス、キャリー=アン・モス、ジェイダ・ピンケット・スミス、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、プリヤンカー・チョープラー、
ニール・パトリック・ハリス、ジェシカ・ヘンウィック、ジョナサン・グロフ、クリスティーナ・リッチ
オフィシャルサイト:matrix-movie.jp
オフィシャル Twitter:@matrix_movieJP
#マトリックス #マトリックス復活
© 2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

This article is a sponsored article by
''.