現在世界ツアー中の「ラ・ラ・ランド 」in コンサートが、熱烈な要望に応えてゴールデンウィークに日本再上陸。東京、名古屋、神戸での全4公演に加えて、広島での開催が決定した。

フルオーケストラの生演奏と共に巨大スクリーンで映画が全編上映される

全世界の映画ファンを魅了した『ラ・ラ・ランド』は、2017年にはシネマ・コンサートとして日本に上陸。横浜・名古屋・大阪で開催され1万7千人を動員、チケットが発売されるや即完売となり、熱狂的に迎えられたことは記憶に新しい。

シネマ・コンサートは、名作映画の音楽パートをそのまま抜き出し、フルオーケストラの生演奏と共に巨大スクリーンで映画が全編上映される、映画をライブ感覚で味合うという本物志向のオトナ世代に人気のエンタメ・ショー。2017年には、『ラ・ラ・ランド』を筆頭に、日本映画の金字塔『砂の器』、『ハリー・ポッターと秘密の部屋™』、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、『ラブ・アクチュアリー』などが上演され、新たな映画鑑賞スタイルと大好評を博した。

現在世界ツアー中の「ラ・ラ・ランド 」in コンサートが、熱烈な要望に応えてゴールデンウィークに日本再上陸。東京、名古屋、神戸での全4公演に加えて、広島での開催が決定した。広島での公演が決定したことを受けて、指揮をつとめるエリック・オクスナーから日本のファンに向けてメッセージが届いた。

画像: 会場の風景

会場の風景

エリック・オクスナーから日本のファンに向けてメッセージ

アンコール公演に寄せて
“ラ・ラ・ランド in コンサート”の指揮者として再び日本に招かれ、とても興奮し光栄に思っています!アカデミー賞・作曲賞を受賞した(映画「ラ・ラ・ランド」の作曲家)ジャスティン・ハーウィッツの音楽には、このコンサートの指揮をする度に感動させられます。
前回日本を訪れた際のオーディエンスと演奏者の皆さんのエネルギーとスピリットの高さには“WOW”(と感激し)、鳥肌が立ち、涙を流したほどでした。今後もシネマ・コンサートの指揮者として何度も日本を訪れることができたら嬉しく思います。皆さんにまたお会いできるのを楽しみにしています。ARIGATO!MATANE♪
エリック・オクスナー

ファン待望のアンコール公演は、映画のオリジナル・サウンドトラックの録音に参加したウェイン・バージェロンがゲスト・トランペッターとして来日、エリック・オクスナーの指揮の下、オーケストラも国内屈指の名門、東京フィルハーモニー交響楽団にジャズ・アンサンブルが加わった編成でお届けする。巨大なスクリーンで流れるミア(エマ・ストーン)とセバスチャン(ライアン・ゴスリング)の甘くて切ない歌声にぴったり合った、オーケストラ+ジャズバンドの緊張感ある迫力の生演奏が織りなすロマンティックな世界に酔いしれたい。

画像: エリック・オクスナー

エリック・オクスナー

<ラ・ラ・ランド in コンサート/LA LA LAND - IN CONCERT - 公演概要>
■広島公演 <追加開催決定>
日時:2018年5月1日(火) 18:15開場/19:00開演
会場:広島文化学園HBGホール
■東京公演 (昼/夜2公演)
日時:2018年4月30日(月・祝) 昼公演 13:00開場/14:00開演 夜公演 17:30開場/18:30開演
会場:東京国際フォーラム ホールA
■名古屋公演
日時:2018年5月2日(水) 18::00開場/19:00開演
会場:名古屋国際会議場 センチュリーホール
■神戸公演;
日時:2018年5月3日(木・祝) 16:15開場/19:00開演
会場:神戸国際会館こくさいホール
上映作品:ラ・ラ・ランド /言語:英語上映・日本語字幕付き / 音楽(作曲):ジャスティン・ハーウィッツ 
上演時間(予定):155分(途中休憩20分有り)
コンサート出演:指揮:エリック・オクスナー 演奏:東京フィルハーモニー交響楽団 ほか
※映画のキャスト、シンガーは出演しません。
チケット価格:S席 9,800円/A席 7,800円 ※全席指定・税込、未就学児入場不可
※ 東京公演のA席は、昼・夜公演ともSOLD OUT

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.