ベストセラー作家ハーラン・コーベンがTVドラマに初めて原案を書き下ろした大ヒットサスペンス。スポーツ・エージェントのマイロン・ボライターを主人公に据えた人気シリーズや、2006年に映画化もされたベストセラー作品『唇を閉ざせ』などで知られ、アメリカのミステリー・探偵小説に贈られる数々の賞を受賞している米国の人気推理作家ハーラン・コーベン。彼が2016年、初めてTVドラマのために原案を書き下ろしたサスペンスが日本上陸!
画像: ベストセラー作家が原案を書き下ろした大ヒットドラマ
「ザ・ファイブ-残されたDNA-」6月6日リリース!

続編の製作も決定している大ヒット作品!

謎が謎を呼ぶ展開と、巧妙に張り巡らせた伏線。そして、登場人物ひとりひとりのストーリーが丁寧に描かれた群像劇は、何度見ても新しい発見があること間違いなし! ミステリー、サスペンス好きにはたまらない作品となっている。数々の良質なTVドラマを生み出す本国イギリスで大ヒットとなり、日本でもWOWOWで2017年2月から放送された。また、その人気を受けて続編「ザ・フォー」(仮題)の製作が決定! あなたもきっと誰かに話したくなる!

画像: 続編の製作も決定している大ヒット作品!

日本語吹き替えも収録

監督は「GOTHAM/ゴッサム」「パラノイド」「12モンキーズ」等、人気TVシリーズに参加したマーク・トンデライ。
出演はTVシリーズ「ダウントン・アビー」のトム・カレン、TV「インターセプター」のO・T・ファグベンル、TVシリーズ「孤高の警部 ジョージ・ジェントリー」のリー・イングルビー、「踊るアイラブユー♪」のハンナ・アータートンなど。
日本語吹替えもパッケージ化にあわせて新規収録している。

画像: 日本語吹き替えも収録

20年前に死んだ弟のDNAが、殺人現場で見つかった――

あるホテルで身元不明の女性が殺害される事件が起き、刑事のダニーが捜査を担当する。現場から犯人のものと思われるDNAが検出されるが、それは、なぜか20年前に行方不明となった5歳の少年、ジェシーのものだった。
ダニーから報告をうけたジェシーの兄マークは、死んだはずの弟が生きているだけでなく、殺人犯の可能性があることに動揺する。真相を突き止めるべく再集結した幼馴染の4人は、20年間隠されてきた事実の裏側、数々の“嘘”や“裏切り”の闇に囚われていく―。

画像: 20年前に死んだ弟のDNAが、殺人現場で見つかった――

「ザ・ファイブ-残されたDNA-」DVDボックス
松竹
6月6日発売、10000円+税(5枚組/全10話)
©The Five Series Limited 2015

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.