『ジュラシック』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、7月13日(金)日本上陸。この度、日本のためだけに製作された<最終予告>が到着した。

恐竜たちは連れ去られ、閉じ込められ…火山噴火の危機の背後に隠された陰謀とは

前作に引き続き主要キャストは、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、<ジュラシック・ワールド>の運営責任者であったクレア役にブライス・ダラス・ハワードが続投!監督は『怪物はささやく』で手腕を発揮し、ゴヤ賞9部門を受賞したハリウッド注目の鬼才J・A・バヨナが大抜擢。前作の監督であり本作では製作総指揮・脚本を務めるコリン・トレボロー、そしてトレボローと共に製作総指揮を務める『ジュラシック』シリーズの生みの親スティーヴン・スピルバーグが作品を更に<進化>させている。

この度、日本のためだけに制作された本作の<最終予告>が到着!
<火山の大噴火>が迫り、絶滅寸前?!の恐竜たち。危機的状況の恐竜を救出するため、主人公オーウェンがカムバック!無謀な状況の中、彼は心を通わせた恐竜・ブルーと脱出しようとした瞬間、ブルーが何者かに撃たれてしまう……
恐竜たちは連れ去られ、牢に閉じ込められ…火山噴火の危機の背後にうごめく隠された陰謀とは?果たしてブルー、恐竜たちの運命は……本映像には前作で人気を博した “モササウルス”の姿も! 
T-レックスやモササウルス、そして新たな究極のハイブリット恐竜など恐竜のオールスターが総出演し、これぞジュラシック!と思わせる原点回帰のサスペンス感満載の大迫力映像だ。

画像: 映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』日本独占!【最終予告】 youtu.be

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』日本独占!【最終予告】

youtu.be

<日本版予告映像:要注目ポイント>

① ジュラシック・ワールドが消滅!?シリーズ史上<最大の危機> 
前作で崩壊した究極のテーマパーク”ジュラシック・ワールドを有するイスラ・ヌブラル島は<火山の大噴火>というかつてない絶望的な危機に瀕していたー。危機的状況の恐竜たちを島から救うため、主人公オーウェン(クリス・プラット)が帰ってくる!
シリーズ史上最多の恐竜が登場し、最大級のスケールで描く、<ジュラシックシリーズ25周年>にふさわしいアクション/スリル/サスペンス要素満載!恐竜が連れ去られ、牢に閉じ込められ、超凶暴恐竜たちが縦横無尽に暴れ狂う!これぞジュラシックシリーズ!と思わせるような原点回帰のパニック・サスペンス感満載の映像に期待が高まる!

② 恐竜・ブルーの”遺伝子”奪取が目的?何者かに撃たれ、連れ去られる?!隠された陰謀とは?
前作で「ブルー萌え」現象を世界中にもたらし、主人公オーウェンと心を通わせた恐竜・ヴェロキラプトルのブルー。
オーウェンが火山の大噴火が迫る島から恐竜を救うため、ブルーと脱出しようとした瞬間、何者かに撃たれ、恐竜達が連れ去られてしまう!
クレアの「騙されたのよ!」という悲痛な叫び、そして謎の男の「研究に応用してみないか?」という一言…火山噴火の背後で起きている、隠された陰謀とは?

③ 恐竜オールスター総出演!前作で強烈なインパクトを残した”モササウルス”が背後に忍び寄る…新たなハイブリット恐竜まで!
T-レックス、プテラノドン、そして前作でも人気を博した史上最大の海棲生物 “モササウルス”がサーフィンを楽しむ人々の背後に忍び寄る姿など、大人気恐竜が勢揃い!動くものすべてにくらいつく猛者は果たして今作でどんな強烈なシーンをみせてくれるのか?新たに創られた究極のハイブリット恐竜も必見!

© Universal Pictures

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.