今年のゴールデンウィーク映画は30本超!しっかり予定を立てないと、見ようと思っていた作品を見逃すことになっちゃうかも。そこで、見てどんな気分になりたいか6つのジャンルに分類、それぞれの作品のポイントを教えちゃいます!今回はじっくりと映画を味わいたい人向けの映画をご紹介。

味わいたいならドラマ!

01:「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」(2018年5月4日公開)

1994年リレハンメル冬季オリンピックの出場権を得るために、元夫にライバル選手の襲撃を依頼したと世間の注目を集めた“ナンシー・ケリガン襲撃事件”の容疑者トーニャ・ハーディング選手。「ラースと、その彼女」のクレーグ・ギレスピー監督がそんな彼女の生き様と、報道によってゆがめられた事件の真相に迫る問題作です!

02:「ラブレス」(公開中)

ある日、離婚協議中である夫婦のもとに、息子の通う学校から連絡が入る。アレクセイは二日間も登校していないというのだ。警察があてにならず市民ボランティアに捜索を依頼する夫妻。夫妻とボランティア・スタッフは心当たりをあちこち探し回るが、アレクセイの姿は見当たらない。そんな時、アレクセイの友人から、チャットで話していた〝基地〞が森の中にあると聞いた夫婦とスタッフはそこへ足を踏み入れるが……

03:「パティ・ケイク$」(公開中)

物語の主人公は、掃き溜めのような地元ニュージャージーで、呑んだくれの元ロック歌⼿だった⺟と、⾞椅⼦の祖⺟と3⼈暮らしのパティ。⾦ナシ、職ナシ、その⾒た⽬からダンボ!と嘲笑されるパティにとって、唯一自分を解放できるのがラップだった。大勢の前で披露する機会がやってきたとき、リリックに込めた心の叫びが魂の歌声に載ったとき、パティの秘められた力がスパークする!

04:「泳ぎすぎた夜」(公開中)

フランスと日本、二人の新人監督の合作映画。幼い少年のメルヘンチックな道行きの果て。

05:「マルクス・エンゲルス」(公開中)

あの二人の社会主義者の誕生の物語!『共産党宣言』はいかにして書き上げられたのか。

06:「タクシー運転手 約束は海を越えて」(公開中)

光州事件の裏に隠された実話! 名優ソン・ガンホ主演で韓国の年間興収第1位に!

07:「スーパーシチズン 超級大国民」(公開中)

台湾ニューシネマがいまに甦る! ワン・レン監督の代表作が20数年を経て日本初公開!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.