人探しのプロが請け負った少女の救出は政界の闇につながっていた……ホアキン・フェニックスがリン・ラムジー監督と組んだ、ハードボイルド・タッチのミステリー・ドラマ。昨年のカンヌ国際映画祭ではフェニックスが男優賞、リン監督が脚本賞に輝いた。エカテリーナ・サムソノフ、ジュディス・ロバーツらが共演している。
画像: 人探しのプロが少女救出を試みるハードボイルド
「ビューティフル・デイ」6月1日公開

カンヌ国際映画祭で男優賞と脚本賞をW受賞

人探しのプロが請け負った少女の救出。しかしそれは政界の闇につながっていた……「教授のおかしな妄想殺人」のホアキン・フェニックスが「少年は残酷な弓を射る」のリン・ラムジー監督と組んだ、ハードボイルド・タッチのミステリー・ドラマ。昨年のカンヌ国際映画祭ではフェニックスが男優賞、リン監督が脚本賞に輝いた。

「ワンダーストラック」のエカテリーナ・サムソノフ、「ブルーバレンタイン」のジョン・ドーマン、「私がクマにキレた理由」のジュディス・ロバーツ、「デビルズ・ノット」のアレッサンドロ・ニヴォラらが共演している。

画像: カンヌ国際映画祭で男優賞と脚本賞をW受賞

10代の娘の救出には成功するが…

元海兵隊員でFBIの囮捜査官だったこともあるジョー(フェニックス)は、犯罪絡みの行方不明者の捜索を請け負うプロ。年老いた母(ジュディス)と暮らしながら血腥い仕事をこなしているが、少年時代の父親の虐待のためトラウマを抱えている。

新たな仕事は州上院議員からの10代の娘ニーナ(エカテリーナ)を裏社会の売春組織から救出するもの。早速ジョーは行動を起こし少女を救い出すが、彼女は感情が欠落したように無反応。おまけにニュースでは依頼してきた議員が自殺したという。

画像: 10代の娘の救出には成功するが…

政界の闇は残酷でむごたらしい

とまどうジョーを二人組の男が襲い、ニーナを再び拉致していく。仕事を仲介した男(ドーマン)も母も殺害されていた。何とかニーナの居場所を突き止めたジョーは、彼女を奪回すべくその家へ向かうが……

画像: 『ビューティフル・デイ』予告編 www.youtube.com

『ビューティフル・デイ』予告編

www.youtube.com

「ビューティフル・デイ」
監督/リン・ラムジー
出演/ホアキン・フェニックス、エカテリーナ・サムソノフ、ジョン・ドーマン、ジュディス・ロバーツ、アレッサンドロ・ニヴォラ
6月1日公開/クロックワークス配給
©Why Not Productions, Channel Four Corporation and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.