1993年から日本で開催されてきたフランス映画祭。2006年から会場を横浜から東京へ移し続いてきましたが、今回は13年ぶりに6/21-24日に横浜での開催が決定!今年も旬の新作が上映され、豪華俳優陣や監督たちが来場し、ファンとの交流を深めます。

2018年6月2日16時追記:コンテンツの一部を加筆・修正しました

「フランス映画祭2018」2大ニュース!

NEWS 1:来日ゲストにはこんな人が!

「セラヴィ!」のエリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督、「子どもが教えてくれたこと」のアンヌ・ドフィーヌ・ジュリアン監督、「2重螺旋の恋人」のフランソワ・オゾン監督、「SeeYouUpThere」のアルベール・デュポンテル監督&出演メラニー・ティエリー(「MemoirofPain」も主演)らが来場予定。

NEWS 2:フェスティバル・ミューズ決定

今回のフェスティバル・ミューズに就任したのは女優・常盤貴子。開催地・横浜出身で、何度もフランスを訪れたことのある彼女は『フランス映画は私にとって、ファッション、メイク、ライフスタイルなどにおいて教科書のような存在でした』と語っている。

NEWS03:団長に就任したナタリー・バイ主演の新作も上映決定!

巨匠ゴダール、トリュフォーらに愛されたフランス名女優、ナタリー・バイの就任・来日が決定。2013年以来、3度目の団長を務める。

それにあわせ、エマニュエル・ドゥヴォスとナタリーの競演が光るサスペンス『モカ色の車(原題:Moka)』の上映も決定。また、特別上映作品として『モカ色の車』上映前にはナタリー・バイの娘であるローラ・スメットの監督短編作品『トマ』(フランス/13分)の上映も決定。ローラ・スメットの来日も予定されている。

上映予定作品はこちら!

「セラヴィ!」(オープニング作品)

画像: 「セラヴィ!」(オープニング作品)

「最強のふたり」の監督コンビが、ベテラン結婚式プランナーのピンチを描く人間賛歌。

監督:E・トレダノ&O・ナカシュ
出演:ジャン・ピエール・バクリ

「顔たち、ところどころ」

画像: 「顔たち、ところどころ」

名監督A・ヴァルダとアーチストのJRによるハートウォーミングなロードムービー。

監督&出演:アニェス・ヴァルダ&JR

「子どもが教えてくれたこと」

画像: 「子どもが教えてくれたこと」

病気を患い治療を続ける5人の子供たちの姿を通して勇気とパワーがもらえる感動作。

監督:アンヌ・ドフィーヌ・ジュリアン
出演:アンブル、カミーユ

「2重螺旋(らせん)の恋人」

画像: 「2重螺旋(らせん)の恋人」

精神分析医ポールと同居を始めたクロエは、ある日ポールそっくりな男と出会うが……

監督:フランソワ・オゾン
出演:マリーヌ・ヴァクト、ジェレミー・レニエ

「See You Up There」(英題)

画像: 「See You Up There」(英題)

第一次大戦の帰還兵アルベールとエドゥアールは、元上官に対する詐欺計画を企てる。

監督&出演:アルベール・デュポンテル
共演:ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート

「グッバイ・ゴダール!」

画像: 「グッバイ・ゴダール!」

異才J・L・ゴダール監督の妻だった女優A・ヴィアゼムスキーの自伝的小説を映画化。

監督・ミシェル・アザナヴィシウス
出演:ルイ・ガレル、ステーシー・マーティン

「Memoir of Pain」(英題)

画像: 「Memoir of Pain」(英題)

若き日の有名作家マルグリット・デュラスをヒロインに、戦時下の愛と苦悩を描く物語。

監督:エマニュエル・フィンケル
出演:メラニー・ティエリー、ブノワ・マジメル

「REVENGE リベンジ」

画像: 「REVENGE リベンジ」

欲情が暴走した男たちに汚されたうえ、崖から突き落とされた女が生き延び復讐を誓う。

監督:コラリー・ファルジャ
出演:マティルダ・ルッツ、ケヴィン・ヤンセンス

「CUSTODY/カストディ」(英題)

画像: 「CUSTODY/カストディ」(英題)

面会の度に離婚した妻の居場所を息子に問いただす元夫。ベネチア映画祭監督賞受賞作。

監督:グザヴィエ・ルグラン
出演:ドニ・メノーシェ、レア・ドリュケール

「とてもいじわるなキツネと仲間たち」

画像: 「とてもいじわるなキツネと仲間たち」

ヒヨコのママになるキツネに、サンタになりたいアヒル? ユーモア溢れる動物アニメ。

監督:バンジャマン・レネール
(アニメーション)

「マルヴィン、あるいは素晴らしい教育」

画像: 「マルヴィン、あるいは素晴らしい教育」

実家から逃げ出した少年マルタンがある人物との出会いから演劇という道を見つける。

監督:アンヌ・フォンテーヌ
出演:フィネガン・オールドフィールド、イザベル・ユペール

「ブラッディ・ミルク」

画像: 「ブラッディ・ミルク」

酪農業を営む青年が牛を守るために下した決断とは? セザール賞作品賞など三冠。

監督:ユベール・シャルエル
出演:スワン・アルロー、サラ・ジロドー

「モカ色の車」

画像: 「モカ色の車」

少しの荷物とお金、そして凶器を携えてスイス国境近くのエヴィアンへ向かったディアンヌ。目的はただひとつ。息子を事故 に遭わせ人生を狂わせた、モカ色のメルセデス・ベンツの運転手を見つけること。ディアンヌはある女にたどり着く。人をひ きつける魅力をもつその女は、どこか謎めいていて………。

監督:フレデリック・メルムー
出演:エマニュエル・ドゥヴォス、ナタリー・バイ、ダヴィッド・クラヴェル 
*上映前に短編『トマ』(フランス/13分/監督:ローラ・スメット)の上映あり

「世界の果て」

画像: 「世界の果て」

1945年、インドシナ半島。若い兵士、ロベール・タッセンは、前線で兄が目の前で無残に虐殺されるが、本人は何とか生き延びていた。復讐に燃えるロベールは、暗殺者たちを探す極秘任務に一人で出発する。しかし、若いインドシナの女性マイに出会い、全てが変わっていく・・・。

監督: ギョーム・二クルー
出演:ギャスパー・ウリエル、ギョーム・グイ、ラン=ケー・トラン、ジェラルド・ドパルデュー

イベント概要

会期:
2018年6月21日~24日

会場:
オープニングセレモニー&上映(21日)=横浜みなとみらいホール
通常上映(22~24日)=イオンシネマみなとみらい

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.