最新作「レディ・バード」でアカデミー主演女優賞候補になる名演を見せたシアーシャ・ローナン。まだ24歳になったばかりながら、英国を代表する演技派女優として進境著しい彼女は一体、どんな女の子なのでしょう?意外に知らないシアーシャのすべてに迫ります!今回は前編。生い立ちからプライベートまでお伝えします。(文・清藤秀人/デジタル編集・スクリーン編集部)

01. 生い立ち

ゲール語の名前の意味は“自由”

シアーシャ・ローナンは1994年4月12日生まれで、意外にもまだ24歳。ファーストネームは母国、アイルランドのゲール語で〝自由〞を意味する。

名付けたのは共にダブリン出身で俳優の父親、ポールと、子役出身の母親、モニカで、2人は唯一の子供だったシアーシャを伴い、彼女が3歳の時にニューヨークのブルックリンから故郷のダブリンに移住。その後、シアーシャはアイルランド北部、カーロウ州郡にある名門、アルダティン国立学校に通学するが、後に家庭教師を雇って自宅学習にシフトする。

シアーシャが弱冠13歳で出演した「つぐない」(07)で初のオスカー候補になった時、アルダティン時代のクラスメートがお祝いのビデオメッセージを制作してプレゼントしているから、彼女がいかに級友たちから愛されていたかが分かる。

02. 子役時代

「ハリポタ」のオーディションを受けたことも

女優デビューは9歳で出演した医療ドラマ「The Clinic」(03〜09)。同シリーズはシアーシャ以外にも「パイレーツ・ロック」(09)のクリス・オダウド等、多くの逸材を輩出。その後、ジャーナリストが難事件を探るミニシリーズ「Proof」(04)のシリーズ2に出演。同時に、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」(07)のルーナ・ラブグッド役のオーディションにも参加するが、惜しくもイヴァナ・リンチに役は渡ってしまう。

画像: 子役時代の出演作『I Could Never Be Your Woman』

子役時代の出演作『I Could Never Be Your Woman』

遂に巡ってきた映画デビューはエーミー・ヘッカリング監督の「I Could Never Be Your Woman」(05)。しかし、残念ながら映画はビデオスルーに。それでも〝ミシェル・ファイファー演じるヒロインとシアーシャ演じる娘のユニークな親子関係は作品中のハイライト〞(業界紙バラエティのレビュー)とピンポイントで絶賛される。

「The Christmas Miracle of Jonathan Toomy」(07)は各国の映画祭で高評価を得るも、またもビデオスルーに。

03. プライベート

現在は同郷のミュージシャンと交際中

画像: ジョージ・マッケイ(右)と

ジョージ・マッケイ(右)と

SFラブロマンス「わたしは生きていける」(13)での共演がきっかけで交際をスタートさせたジョージ・マッケイ(「パレードへようこそ」)、そして、「ザ・ホスト美しき侵略者」(同じく13年)で共演したジェレミー・アイアンズの息子、マックス・アイアンズ等、ボーイフレンドとして名前が浮上した相手は何人かいるが、すべて過去形。

画像: マックス・アイアンズと

マックス・アイアンズと

現在、PVの制作を介して知り合ったアイルランド出身のミュージシャン、ホージアとの交際が噂されるシアーシャだが、同郷人ということで今回はさらなる進展があるかも。

前編はここまで。後編では、キャリアや今後の予定もご紹介しますのでお楽しみに!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.