フランスの鬼才フランソワ・オゾン監督の最新作で、ジョン・キャロル・オーツの小説を基にした心理サスペンス。主演はマリーヌ・ヴァクトとジェレミー・レニエで、ジャクリーン・ビセット、ミリアム・ボワイエらが共演。
画像: 正反対の性格を持つ双子の精神科医に翻弄される女性
「2重螺旋の恋人」8月4日公開

フランスの鬼才フランソワ・オゾン監督の心理サスペンス

フランス映画界の鬼才フランソワ・オゾン監督(「8人の女たち」)の最新作で、今回はジョン・キャロル・オーツの小説を基にした心理サスペンス。容姿が同じ双子の男たち。彼らは職業も同じ精神分析医だが、その中身は正反対。患者の女性がこの二人に翻弄されつつも惹きつけられていく……主演は「17歳」でオゾンと組んだマリーヌ・ヴァクトと、「しあわせの雨傘」などでオゾンと組んだジェレミー・レニエで、ジャクリーン・ビセット、ミリアム・ボワイエらが共演。脚本もオゾンが担当。

画像: フランスの鬼才フランソワ・オゾン監督の心理サスペンス

精神科医と恋に落ちた女性

原因不明の腹痛に悩むクロエ(マリーヌ)は、婦人科医に紹介された精神分析のカウンセラー、ポール・メイエル(レニエ)の治療を受け、痛みから解放されると同時に、やさしいポールに恋してしまう。ポールも同じ気持ちで二人は同居を始める。

画像: 精神科医と恋に落ちた女性

顔はそっくりだが性格は正反対の双子の兄

そんなある日、クロエは街でポールそっくりの男性を見かける。それはポールの双子の兄でやはり精神科医のルイ(レニエ2役)だった。なぜポールは兄の存在を自分に隠していたのか、疑問に思ったクロエは、偽名を使ってルイの診療所に通う。するとクロエはポールと正反対の傲慢で挑発的なルイに心ならずも惹きつけられ、いつしか背徳の愛にのめり込んでいくが、ポールは兄の存在を否定する。二人の間に何があったのか? クロエは兄弟の過去を探り出すが、そこには思わぬ事実が……

画像: フランス映画『2重螺旋の恋人』予告編 www.youtube.com

フランス映画『2重螺旋の恋人』予告編

www.youtube.com

「2重螺旋の恋人」
監督/フランソワ・オゾン
出演/マリーヌ・ヴァクト、ジェレミー・レニエ、ジャクリーン・ビセット、ミリアム・ボワイエ
8月4日公開/キノフィルムズ配給
©2017 - MandarinProduction - FOZ - Mars Films - Playtime - France 2 Cinéma - Scope Pictures /Jean-Claude Moireauf

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.