愛の映画に欠かせないのが印象的なキスシーン。2018年のカンヌ国際映画祭では「気狂いピエロ」の“すれ違いキス”がメインビジュアルを飾ったことも話題をさらいました。そんな名作のラブシーンの中から、“映画史上最高のキスシーン”を選出。キーワード別にBESTキス映画を20作品紹介します。あなたの記憶に残っているのはどのキスですか? 第4弾は【危険なキス編】!
(文・石井エリカ)

その身に迫るは幸福か破滅か【危険なキス】4選

ロマンティックなキス、かわいいキス、様々なキスがあれど“危険な”キスほどスリリングでテンションがアガるものってあるのでしょうか。身に迫るは幸福か破滅か、そんな妖しい魅力を放つキスは、あなたを禁断の世界へ誘ってくれるはず。

画像: 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』 ©2015 Universal Studios.

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』 ©2015 Universal Studios.

我慢できない気持ちが密室で爆発
『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

洋画のキスといわれて思い浮かべるのは、激しく燃えるような情熱的なキス! 絶対にハマるとヤバイ雰囲気の、どこか陰のある大富豪グレイ(ジェイミー・ドーナン)に惹かれるアナ(ダコタ・ジョンソン)。お互い我慢できず、人がいなくなった瞬間のエレベーターで…! なんてドラマティックが過ぎて、もはやポルノ(笑)? 危険な男性に惹かれてしまうのは、女の性なのかも。

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
Fifty Shades of Grey(2015)
監督/サム・テーラー・ジョンソン
出演/ジェイミー・ドーナン、ダコタ・ジョンソン、ジェニファー・イーリー
STORY
恋愛経験のない女子大生(ダコタ・ジョンソン)は大富豪のグレイ(ジェイミー・ドーナン)と恋に落ちる。だが彼の愛情表現は服従を求める歪んだものだった。

画像: 『めまい』 ©1958 Alfred J. Hitchcock Productions, Inc & Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved.Restored Version ©1996 Leland H. Faust, Patricia Hitchcock O'Connell & Kathleen O'Connell Fiala, Trustees under the Alfred J. Hitchcock Trust. All Rights Reserved.

『めまい』 ©1958 Alfred J. Hitchcock Productions, Inc & Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved.Restored Version ©1996 Leland H. Faust, Patricia Hitchcock O'Connell & Kathleen O'Connell Fiala, Trustees under the Alfred J. Hitchcock Trust. All Rights Reserved.

美女とのキスは悪夢のように美しい
『めまい』

悪夢のように美しいキスといえば、こちらのミステリー。先祖の亡霊に憑りつかれた妻を救ってほしいと依頼を受け、彼女を追っていくうちに恋に落ちてしまう二人。「死にたくない。私を離さないで!」と懇願する美女とのキスシーンは、海というロケーションとBGMも相まって、なんともドラマティック。悪夢のシーンはトラウマ必至!

『めまい』
Vertigo(1958)
監督/アルフレッド・ヒッチコック
出演/ジェームズ・スチュアート、キム・ノヴァク、バーバラ・ベル・ゲデス
STORY
友人の妻(キム・ノヴァク)の自殺を救えなかったトラウマを抱える元刑事(ジェームズ・スチュアート)の前に、彼女と瓜二つの女性が現われる。

画像: 『ブラック・スワン』 ©2010 Twentieth Century Fox

『ブラック・スワン』 ©2010 Twentieth Century Fox

ライバルとの禁断のキスは現実か妄想か
『ブラック・スワン』

妄想の世界に絡め取られてしまうニナ(ナタリー・ポートマン)のキスは、ぞくっとするほどにスリリング。優等生タイプで臆病な彼女は、自由奔放なリリー(ミラ・クニス)に脅威を感じ、同時に魅了されます。彼女たちがキスした次の日、リリーは「そんなことしてない」と衝撃の一言。結局、キスは現実? 妄想? ニナと一緒に疑心暗鬼の迷路に迷い込むのは、怖いけど面白~い!

『ブラック・スワン』
Black Swan(2010)
監督/ダーレン・アロノフスキー
出演/ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス
STORY
バレリーナのニナ(ナタリー・ポートマン)は『白鳥の湖』の主役候補に。だがライバルの奔放な新人リリー(ミラ・クニス)の出現が彼女を追いつめていく。

画像: 『クルーエル・インテンションズ』  © 1999 Cruel Productions, LLC. All Rights Reserved.

『クルーエル・インテンションズ』  © 1999 Cruel Productions, LLC. All Rights Reserved.

セレブ高校生たちの陰謀に満ちたキス
『クルーエル・インテンションズ』

古典文学『危険な関係』の舞台を、アメリカの高校に置き換えた本作。全編で描かれるセレブ高校生たちの陰謀・策略・駆け引きのキスは、ドラマ『ゴシップガール』へと繋がっていく予感しかありません。なかでも超絶プレイボーイのセバスチャン(ライアン・フィリップ)が純愛に目覚めるキスは、一見の価値アリ! いつの時代も女子はモテ男に愛されたいもの?

『クルーエル・インテンションズ』
Cruel Intentions(1999)
監督/ロジャー・カンブル
出演/サラ・ミシェル・ゲラー、ライアン・フィリップ、リース・ウィザースプーン
STORY
セレブ高校生の義理の姉弟キャスリン(サラ・ミシェル・ゲラー)とセバスチャン(ライアン・フィリップ)が他人の心を弄ぶ恋愛ゲームを始める。

あなたが選ぶ危険なベストキスはどれ?

ここでは【危険なキス編】として4本の作品をご紹介しましたが、あなたの印象に残っているBESTキスはどれですか? ぜひ投票してみてください。クリックした作品の一言トリビアもご紹介!

  • 画像1: SCREEN誌選出「映画史に残るBESTキス」④【危険なキス編】
    『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

    一言トリビア
    映画化の話が出た当初は女優のアンジェリーナ・ジョリーが監督するというウワサが上がっていた。

  • 画像2: SCREEN誌選出「映画史に残るBESTキス」④【危険なキス編】
    『めまい』

    一言トリビア
    ヒッチコック監督は本作を失敗作と語っているが、世界中の映画評論家が選ぶ2012年版の「史上最高の映画」の一位に輝いた。

  • 画像3: SCREEN誌選出「映画史に残るBESTキス」④【危険なキス編】
    『ブラック・スワン』

    一言トリビア
    主演のナタリー・ポートマンは本作で共演したダンサーのバンジャマン・ミルピエと後に結婚した。

  • 画像4: SCREEN誌選出「映画史に残るBESTキス」④【危険なキス編】
    『クルーエル・インテンションズ』

    一言トリビア
    主演カップルのキスシーンではなく、サラ・ミシェル・ゲラー&セルマ・ブレアのキスシーンがMTVムービー・アワードの最優秀キスシーン賞を受賞した。

  • 画像5: SCREEN誌選出「映画史に残るBESTキス」④【危険なキス編】
    『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
    64
    34
  • 画像6: SCREEN誌選出「映画史に残るBESTキス」④【危険なキス編】
    『めまい』
    11
    6
  • 画像7: SCREEN誌選出「映画史に残るBESTキス」④【危険なキス編】
    『ブラック・スワン』
    21
    11
  • 画像8: SCREEN誌選出「映画史に残るBESTキス」④【危険なキス編】
    『クルーエル・インテンションズ』
    4
    2

第1弾【青春のキス編】はこちら!

第2弾【大人のキス編】はこちら!

第3弾【雨の中のキス編】はこちら!

第5弾【女性からのキス編】はこちら!

GYAO!ではキスシーンが印象的な映画を無料配信中!

無料動画サービスGYAO!では、SCREENとの連動企画としてキスシーンが印象的な映画を無料配信中。こちらもあわせてチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.