あのハッピー・ミュージカルが帰ってきた!アバの名曲にのせて、母から娘へと受け継がれていく愛と絆を描いた第2弾「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」が8月24日公開!
画像1: 最高!ハッピー!「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」
夏はまだまだ終わらないよっ!

世界中で異例のロングランとなった舞台を映画化し、ミュージカル映画の興行記録を塗り替えた「マンマ・ミーア!」(08)。十年の時を経て豪華キャストが再び集合し、さらに新たな顔ぶれも加わって、前作のその後の物語を描くハッピー・ミュージカル。“マンマ・ミーア”“ダンシング・クイーン”など永遠の人気グループ“アバ”のヒットナンバーをちりばめながら、「マリーゴールドホテルで会いましょう」のオル・パーカーが監督を務め、製作総指揮にはトム・ハンクスも参加。

画像2: 最高!ハッピー!「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」
夏はまだまだ終わらないよっ!

今回は念願だったホテルをオープンするソフィの現代の物語と、このホテルがオープンする島にたどり着いた時代のドナが、ソフィの“三人のパパ”とどうやってめぐりあい、なぜ別れたのかという過去の物語も描かれる。

ドナ役のメリル・ストリープ、その娘ソフィ役のアマンダ・サイフリッドはじめ、サム役ピアース・ブロスナン、ハリー役コリン・ファース、ビル役ステラン・スカーシュゴードの“三人のパパ”も再出演。新メンバーとして若き日のドナを演じるリリー・ジェイムズ、ドナの母にしてソフィの祖母ルビーをシェール、ホテルの支配人役をアンディ・ガルシアが演じるのも話題。

画像3: 最高!ハッピー!「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」
夏はまだまだ終わらないよっ!

美しいエーゲ海に浮かぶギリシアのカロカイリ島。母ドナ(メリル)との夢だったホテルをついに完成させたソフィ(アマンダ)は、オープニング・パーティーの準備で充実した毎日を送っていたが、愛する夫スカイ(ドミニク・クーパー)がニューヨークでホテルビジネスを学んでいるので、傍にいないことが寂しい。新天地で新たな人生を始めることに魅力を感じるスカイと母の夢にこだわるソフィの間には、隔たりがあるようだ。『ママは一人で私を身籠った時、どんな気持ちだった?』そんな気持ちが不安なソフィの心に浮かぶ。

時は遡って、オックスフォード大学を卒業した頃の若き日のドナ(リリー)は、自分を見つけるために二人の親友ロージーとターニャに見送られ、広い世界へ飛び出す旅を始める。まず到着したパリで若き日のヒューと出会い、さらにカロカイリ島に向う途中で若き日のビルの船に乗せてもらい、到着した島で若き日のサムと運命的なめぐりあいを……

そんなドナと“パパたち”との出会いから誕生したソフィは、自分自身がいま母になろうとしていることに気づく。だが大事なパーティーを前に難題が続出。果たして彼女はパーティーを成功させることができるのか?

画像4: 最高!ハッピー!「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」
夏はまだまだ終わらないよっ!

2018年度作品。1時間54分。アメリカ映画。東宝東和配給。

© Universal Studios

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.