世界中で異例のロングランとなった舞台を映画化し、ミュージカル映画の興行記録を塗り替えた「マンマ・ミーア!」(2008)。そして、現在大ヒット公開中の「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」は、第1作から10年の時を経て豪華キャストが再び集合し、さらに新たな顔ぶれも加わって、前作のその後の物語を描くハッピー・ミュージカル! 前作のおさらいと、今作の登場キャラクターをおさえておこう。

前作のおさらい:「マンマ・ミーア!」(2008年)

画像: 前作のおさらい:「マンマ・ミーア!」(2008年)

大ヒット舞台ミュージカルを豪華キャストで映画化した2008年度作品。ギリシアの小島で小さなホテルを経営するドナ(メリル)の一人娘ソフィ(アマンダ)は、恋人スカイ(クーパー)と結婚直前。彼女の夢は結婚式のヴァージンロードをまだ知らぬ父親のエスコートで歩くこと。ドナの古い日記を読んだソフィは、内緒で父親の可能性がある3人に式の招待状を出してしまう。するとそれに応じた3人、サム(ブロスナン)、ハリー(ファース)、ビル(スカーシュゴード)が島にやって来て、ドナは大慌てするが……

3人とも自分こそソフィの父親と思い込んでいたが、真相は明かされず、10年後も全員が“3人のパパ”として彼女を愛している。

今作のあらすじはこちらをチェック!

家族愛と友情で結ばれたハッピー・キャラクターたち

ドナ

ドナの親友=ダイナモス

ターニャ

ロージー

ソフィ(アマンダ・サイフリッド)

母ドナとの夢だった新装ホテル開業を前に大忙しの毎日。ただ夫スカイとすれ違いの生活が続き、危機的な状況?そんな時、自分が妊娠していることに気付く。

スカイ(ドミニク・クーパー)

ソフィの夫。ホテル経営修行中でNYに滞在。本当はソフィにもNYに来てほしいのだが……

ルビー(シェール)

ドナの母=ソフィの祖母。家族を顧みず世界中を自由に飛び回っていたが、突然ホテルのパーティーにやってくる!

セニョール・シエンフエゴス(アンディ・ガルシア)

新ホテルの支配人を任された紳士。スペイン語を話すがそれ以外は謎に包まれており、ルビーとも何か関係が?

ソフィの“3人のパパ”

サム

ハリー

ビル

こちらも要チェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.