次期アカデミー賞の大本命と評判の『ファースト・マン』(原題:FIRST MAN、2019年2月日本公開、東宝東和配給)が第75回ベネチア国際映画祭のオープニング上映作品に選ばれ、主演ライアン・ゴズリングらが現地に登場した。

月面着陸を成し遂げたアポロ11号船長、ニール・アームストロングをテーマに

『ラ・ラ・ランド』のデーミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ待望の最新作『ファースト・マン』。この度、本作が第75回ベネチア国際映画祭のオープニング上映作品に選ばれ、主演ライアン・ゴズリング、ヒロインのクレア・フォイ、ジェイソン・クラーク、オリヴィア・ハミルトンといった個性光る演技派俳優らとアカデミー賞監督のデミアン・チャゼル、同賞受賞の脚本ジョシュ・シンガーら豪華キャストと制作陣がベネチアに集結! 映画祭の初日を華々しく飾るワールドプレミアが開催され、映画祭公式記者会見にも参加した。

画像: ライアン・ゴズリング

ライアン・ゴズリング

映画祭公式会見には、前作『ラ・ラ・ランド』で同年のアカデミー賞を席巻したチャゼル監督最新作ということもあり、会場には250人のキャパシティが満席になるほどのマスコミ陣が殺到! 大きな歓声とフラッシュの嵐に歓迎されながら、メガホンを取ったチャゼル監督、ニール・アームストロングを演じたライアン、アームストロングを支える妻ジャネットを演じたクレア、アームストロングとともにアポロ計画に参加する友人で宇宙飛行士エド・ホワイトを演じたクラーク、その妻パットを演じたオリヴィア、脚本のシンガーが登壇し、大勢の海外メディアからの溢れんばかりの質問に丁寧に答えた。

人類初となる月面着陸を成し遂げたアポロ11号船長、ニール・アームストロングをテーマに本作を製作したことについて「月面着陸を象徴的な画像や断片的な映像でしか知らない世代としては簡単にできたことだと感じてしまうが、実際はそうでなく、実現までの道のりを段階的に描きたかった」とチャゼル監督は語り、アームストロングを演じたライアンは役作りについて「彼の息子たちや妻だったジャネットなど家族や幼なじみまで会い、飛行機の操縦法を身につける訓練もした。アームストロングはテストパイロット時代、その時点で開発中のテスト機に乗り込み、知識を向上させるために命がけでテスト飛行に臨むことができるような特殊な人で、自分(ライアン)には到底できない、その違いを認識することが役作りにおいて重要だった」とも語った。

画像: 『ファースト・マン』:©Universal Pictures andDreamWorks Pictures

『ファースト・マン』:©Universal Pictures andDreamWorks Pictures

チャゼル監督は、よくある美しくロマンチックな宇宙映画とは全く異なる本作について「博物館で宇宙船の実物を観て、宇宙計画の文献や映像などからは感じられない、恐ろしくよく成功したなというリアルな想いを大切にしたかった」とチャゼル監督ならではの視点が語られた。本作ではアームストロングは偉業を成し遂げた“ヒーロー”でなく、家族を通して性格や心情が描かれ、脚本シンガーは「アームストロングをよく知る元NASA長官マイク・グリフィンから『象徴的な物語でなく人間的な物語にするなら協力を惜しまない』と言われ、それはこの会見に臨む我々全員の目標だった」、アームストロングの妻、ジャネット役を演じたクレアは「アームストロングの子供たちにとって両親たちがどのように映っていたかを尊重した」と語った。今までの作品で音楽・音響に注目されてきたチャゼル監督は「月面探査時にヘルメットを通し、聞こえるライアンの呼吸音のシーンは実際にアポロ16号で月面探索したジョン・ヤング宇宙飛行士のヘルメットを使用した」というこだわりの製作エピソードも明かした。

レッドカーペットではライアン・コールが

映画祭公式会見の後、ワールドプレミアが開催され、レッドカーペットには華やかにドレスアップしたキャストと制作陣が登場。錚々たるスタッフ・キャスト面々を一目見ようと、大勢の観客とマスコミが詰めかけたベネチア国際映画祭のレッドカーペット会場。期待と興奮で熱気が高まるなか、ライアンはさわやかな白のジャケット、クレアは映画祭開催国が輩出したハイブランドのバレンチノのドレス、クラークは黒のタキシードで登場した。チャゼル監督は、自身の妻であり、本作にも出演しているオリヴィアとともに仲むつまじく撮影に応じた。メディアや観客からは「ライアンコール」が沸き起こるなど、ファンやマスコミの熱狂的な呼びかけに気軽にサインや撮影に応じた。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.