新鋭ジャスティン・ティッピング監督がLAの闇と、少年が大人へと成長する瞬間を描いたニューエイジ・ブラックムービー『キックス』が、12月1日(土)より渋谷シネクイントにて、ほか全国順次公開が決定した。

Variety誌が“間違いなく才能の詰まったデビュー作”と絶賛

画像1: Variety誌が“間違いなく才能の詰まったデビュー作”と絶賛
画像2: Variety誌が“間違いなく才能の詰まったデビュー作”と絶賛

本作の主人公は15歳の少年ブランドン。クールなスニーカーさえあれば、現実から逃れられると信じている。だが、必死に貯めたお小遣いで手に入れたそのスニーカーが逆に目立ち、地元のチンピラに奪われてしまう。二人の親友を連れて盗まれたスニーカーを取り戻すミッションに繰り出したブランドンだが…。

新鋭ジャスティン・ティッピング監督の長編デビュー作である本作は、Wu-Tang ClanなどのHIP HOPをバックにLAの太陽の下、ひとりの少年が“男らしくあるべき”という言葉に溺れそうになっている姿を、リアルかつ斬新に描いた、心揺さぶる新時代のフッドムービー。

主演を務めるのは新人ジャーキング・ギロリー。共演には『ムーンライト』で第89回アカデミー賞助演男優賞を受賞したマハーシャラ・アリのほか、ヒップホップの偉人、ノートリアス・B.I.G.とフェイス・エヴァンスを両親に持つクリストファー・ジョーダン・ウォーレスら強力なアンサンブルキャストが勢ぞろい。

Variety誌は本作を“間違いなく才能の詰まったデビュー作だ。監督にとっても、まだ無名な出演者たちにとっても”と絶賛。スラムの生活、大人の男になること、スニーカーマニアのカルチャーなどを描いた楽しみにと驚きに満ちた作品だ。

キックス
12月1日(土)より渋谷シネクイントにて、ほか全国順次公開
配給:SPACE SHOWER FILMS/ PARCO
©2016 FIGHT FOR FLIGHT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.