特異な恋愛模様を過激な描写で描き、世界中の女性を虜にしたE・L・ジェームズのデビュー小説で、世界中で空前の社会現象を巻き起こした「フィフティ・シェイズ」シリーズ。その最終章『フィフティ・シェイズ・フリード』(東宝東和配給)が2018年10月5日(金)全国ロードショーとなる。

シリーズ史上、最も壮絶で最も艶やかなフィフティ!

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』は全世界興収5億7000万ドル(約640億円)以上を記録。
2作目の『フィフティ・シェイズ・ダーカー』予告編は、初登場24時間以内で1億1400万回の驚異の再生回数を記録、最終章『フィフティ・シェイズ・フリード』は北米を含む世界54地域で初登場1位を記録し、全世界シリーズ累計興収は13億1900万ドル(約1500億円=1ドル113円換算)という大記録を引っ提げ、満を持して日本に上陸!

本作は、様々な困難をくぐり抜けたクリスチャンとアナが、遂に夫婦として結ばれ、贅沢な新婚生活を満喫するおとぎ話のような日々から始まる。この度、シリーズ史上、最も壮絶、最も艶やか、そして最も美しい最終章のWEB限定60秒予告編が解禁となった。

画像: いよいよ物語はクライマックスへ

いよいよ物語はクライマックスへ

普通の日常ではなかなか味わうことのない、禁断のシチュエーションと過激な描写で、全世界に社会現象を巻き起こしてきた『フィフティ・シェイズ』シリーズの最終章が描くのは、特異な愛情表現で関係を育んできたクリスチャンとアナの2人が"本物の愛"を知った先にたどり着く結末。
このほど完成したWEB限定60秒予告では、純白のウェディングドレスを身に纏いまさに全女性の憧れそのものの豪華絢爛な結婚式や、誰もが羨まずにいられないおとぎ話のように贅沢な新婚生活、さらに結婚してもなお健在の"秘密の赤い部屋"でハードな2人だけの世界に浸り、これまで以上に幸せと快楽の絶頂を愉しむ様子が映し出される。

画像: クリスチャンとアナは結婚式を挙げるが

クリスチャンとアナは結婚式を挙げるが

しかし、前作で2人の仲を引き裂こうとしたアナの元上司ジャック(エリック・ジョンソン)が再び立ちはだかったことで一変。絶体絶命の危機的状況が次々に襲い掛かり、なんと地面に横たわり口元に血をにじませたアナが銃の引き金を引く瞬間まで…!
原作のジェームズが「3作目でようやく、クリスチャンは過去を解放し未来を受け入れることが出来るようになる」と語るように、何物にも侵されない強い愛で結ばれた二人が、この物語の果てに下す最後の「決断」を目撃せずには終われない!

画像: 『フィフティ・シェイズ・フリード』WEB限定 60秒予告編 youtu.be

『フィフティ・シェイズ・フリード』WEB限定 60秒予告編

youtu.be

©2017 UNIVERSAL STUDIOS

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.