インド映画としての世界での興行収入が『ダンガル』『バーフバリ』に次ぐ歴代No.3の大ヒットを記録した注目のインド映画「Bajrangi Bhaijaan」(原題)が、邦題『バジュランギおじさんと、小さな迷子』として2019年1月18日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開されることが決定した。
画像1: 『ダンガル』『バーフバリ』に次ぐインド映画世界興収 歴代No.3の大ヒット!『バジュランギおじさんと、小さな迷子』公開決定
画像2: 『ダンガル』『バーフバリ』に次ぐインド映画世界興収 歴代No.3の大ヒット!『バジュランギおじさんと、小さな迷子』公開決定

インドからパキスタンへの700キロの二人旅が世界を笑顔に変えていく

本作はインドでは2015年の興行収入No.2の大ヒットとなり、国内映画賞では30近くもの賞を獲得。全世界でも150億円に迫る大ヒットを記録し、映画批評サイトRotten Tomatoesの満足度は驚異の100%をマーク。公開から3年を経た現在も、インド映画として「ダンガル きっと、つよくなる」「バーフバリ 王の凱旋」に次ぐ世界興行成績歴代No.3をキープしている。インド映画に熱い注目が集まる中、高まる要望に応えてついに日本に上陸する!

物語の主人公は、底抜け正直者のインド青年と、声をなくしたパキスタンの迷子少女。幼い頃から声が出せない障害を持った女の子シャヒーダーは、お母さんと一緒に出かけたインドのイスラム寺院で一人迷子になってしまう。そんなシャヒーダーが出会ったのは、ヒンドゥー教のハヌマーン神の熱烈な信者のパワンだった。

バカがつくぐらいの正直者で、お人好しなパワンは、これも、ハヌマーンの思し召しと、母親とはぐれたシャヒーダーを預かることにしたが、ある日、彼女がパキスタンのイスラム教徒と分かって驚愕する。歴史、宗教、経済など様々な部分で激しく対立するインドとパキスタン。それでもパスポートもビザもなしに、国境を越えてシャヒーダーを家に送り届けることを決意したパワンの旅が始まった。果たしてパワンは無事にシャヒーダーを母親の元へ送り届けることができるのか!?

主人公パワンを演じるのは、インド映画界で最も影響力のある<3大カーン>のひとり、サルマン・カーン。本作のプロデューサーも兼ねる彼が、お人好しな青年パワンを応援せずにはいられないイノセントな魅力で演じている。

声を出せない迷子シャヒーダー役で、誰もが心惹かれる豊かな表情を見せてくれるのは、5000人のオーディションから選ばれたインドの超人気子役ハルシャーリー・マルホートラ。撮影当時弱冠6歳ながら強い印象を残す好演で新人賞を多数受賞した。その他、「きっと、うまくいく」のカリーナ・カプール、「LION/ライオン 25年目のただいま」のナワーズッディーン・シッディーキーなど、日本でも馴染みのある顔ぶれが集結した。

監督は、「タイガー 伝説のスパイ」でもサルマンとコンビを組んだカビール・カーン。

国や宗教、人間愛についてのメッセージと、ほっこりとした笑いを盛り込んだ本作は、世界中から人種や信条を超えた熱い支持を受けた。笑いと冒険に満ちた700キロの二人の旅が教えてくれる、何よりも大切なこと。それは、きっと、あなたの心にも温かい感動を届けてくれるはずだ。

バジュランギおじさんと、小さな迷子
2019年1月18日(金)新宿ピカデリー他全国順次ロードショー
配給:SPACEBOX
©Eros international all rights reserved. ©SKF all rights reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.