『カミーユ、恋はふたたび』 (12) がフランスで 90 万人を動員した実力派監督にして女優のノエミ・ルヴォウスキー最新作『Tomorrow and Thereafter(英題) 』がこの度、日本公開タイトル『マチルド、翼を広げ』として来年 1 月 12 日(土)より、新宿シネマカリテほかにて公開されることが決定した。
画像1: はじめて出来た友だちは喋るフクロウ!? 実力派女性監督の自伝的ファンタジー『マチルド、翼を広げ』公開決定
画像2: はじめて出来た友だちは喋るフクロウ!? 実力派女性監督の自伝的ファンタジー『マチルド、翼を広げ』公開決定

物語の舞台はフランス、パリ。 主人公は、ちょっと変わり者のママの突飛な行動に振り回され、学校でも友人ができず孤独な日々をおくる 9 歳のマチルド。ある日、ママが小さなフクロウを連れてきた。驚くことに、フクロウはマチルドに話しかけてきた……。理知的な言葉を投げかけながら、ピンチに陥ったマチルドを守るフクロウはまるで守護天使のよう。 幸せに見えたのも束の間、やっぱりママは騒動を起こしてしまう……。

母と娘のユニークなエピソードが、ポップな色彩で、詩的に描かれる本作。親子の絆を痛感させる切なくファンタジックな展開が、観る者に優しい余韻を残す。

監督のノエミ・ルヴォウスキーは前作『カミーユ、恋はふたたび』(12)がフランスで 90 万人を動員する大ヒットを飛ばした人気監督であり、セザール賞に 6 度もノミネートされた名女優。本作では監督を務めながら、情緒不安定な母を熱演し、自らの子ども時代を詩的な表現で紡ぐ。

マチルド役は初演技にして豊かな表現力を発揮する新星リュス・ロドリゲス、そしてマチルドを優しく見守る父役を監督・出演作『バルバラ セーヌの黒いバラ』(17)が話題のマチュー・アマルリックが演じている。

あまりにも大きな愛とほんの少しの魔法。母と娘、そして小さなフクロウとの、未来へと繋がるかけがえのない宝物のような物語だ。

マチルド、翼を広げ
2019年 1 月 12 日(土)新宿シネマカリテほか全国順次公開
配給:TOMORROW Films.、サンリス
© 2017 F Comme Film / Gaumont / France 2 Cinéma

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.