洞爺湖を舞台に2012年1月に公開された『しあわせのパン』、空知を舞台に2014年10月に公開された『ぶどうのなみだ』に続く、北海道映画シリーズ第三弾となる映画『そらのレストラン』が2019年正月第二弾として全国公開することが決定。あわせて初映像となる特報と本ポスターが解禁となった。

YouTube

youtu.be
画像: 大泉洋が今度はチーズ作りに挑戦! 北海道映画シリーズ第3弾『そらのレストラン』が2019年正月第二弾として全国公開決定

水曜どうでしょうファン必見! ミスターこと鈴井貴之も友情出演

『しあわせのパン』では<パン>を分け合う夫婦を描き、『ぶどうのなみだ』では<ワイン>の熟成と親子を描いてきた北海道映画シリーズ。『そらのレストラン』では北海道道南にある“せたな町”が舞台となり、海が見える牧場で作り出される<チーズ>と様々な食材が仲間と家族の心を繋ぎ、絆を強めていく様を丹念に描いている。誰かと一緒に生きることによって、一人よりも更なるしあわせを育むことができる・・・みんなで手を合わせ「いただきます」を言った後の笑顔はかけがえのない瞬間であると気づかせてくれる心温まる物語だ。

主演はこの北海道映画シリーズの過去作品に引き続き、近年多くの映画・ドラマに出演、アニメの吹替にも挑戦するなど多方面で活躍する北海道出身俳優の大泉洋。様々な葛藤を抱えながらも一日限りのレストラン開店に向け奔走し、牛を飼いながらチーズ工房を営む亘理(わたる)役を、繊細かつ自然体に体現している。

そして亘理を温かく見守る妻・こと絵役には本上まなみ、東京から一人でやってきて牧羊を営む若者・神戸(かんべ)役に岡田将生と実力派俳優が脇を固める。さらに、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、眞島秀和、風吹ジュン、小日向文世と、今や日本映画・ドラマに欠かせない若手からベテラン俳優が集結し、『神様のカルテ』シリーズの深川栄洋監督のメガホンの元、仲間と助け分かちあって生きることをテーマに、まさにチーズのような味わい深さのある人間ドラマを垣間見せてくれる。

今回解禁された特報は、亘理とこと絵と娘の潮莉の家族3人が囲む食卓での気持ちの良い「いただきます!」から始まり、突き抜けるような青空の下で1日限りのレストラン開店に向けて奮闘する5人の仲間たちの一生懸命な姿を観ることができる。

またオープンに向け料理の試食に和気あいあいとする様子や、仲間を想うマキタスポーツが演じる石村の「亘理はアホですけど、俺たちが付いてますんで!」という叫びから、仲間たちとの熱い絆を感じ取ることができる。

一方で、小日向文世が演じるチーズ作りの師匠・大谷が突然倒れ込んでしまうシーンはこの先の展開を想起させ、亘理とこと絵がホットミルクを飲む姿から伝わる穏やかで温かな空気感は、この映画に欠かせない大切な癒しの要素となっている。

また、本作ならではの見どころとして湯気まで美味しそうなたくさんの料理の数々が登場! 北海道で育まれた野菜、肉、魚と、それらをひとつに包み込む「チーズ」の、文字通り“共演”に、この映像だけでもお腹が空いてしまいそう…!

画像: 水曜どうでしょうファン必見! ミスターこと鈴井貴之も友情出演

加えて今回、人気バラエティ番組「水曜どうでしょう」で大泉とともに番組を盛り上げてきた鈴井貴之の出演も明らかになり、ファンにはたまらない見どころになっている。さらに、本作で主題歌と挿入歌を担当した注目のアーテスト・スカートが書き下ろした楽曲「君がいるなら」(PONY CANYON)が、この物語に心地よい優しさと清々しさを添えてくれている。

果たして亘理たちは無事にレストランをオープンすることができるのか!? 北海道からの温かな笑顔と美味しいものが、日本中を「しあわせ」で包み込むこと間違いなしだ。

そらのレストラン
2019年正月第二弾全国公開
配給:東京テアトル
©2019『そらのレストラン』製作委員会

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.