『それでも夜は明ける』でアカデミー賞を受賞したスティーヴ・マックイーン監督が『ゴーン・ガール』の原作者と共同脚本を手掛けた衝撃のクライム・サスペンス『WIDOWS』が、邦題『妻たちの落とし前』として、2019 年4 月より公開となることが決定した。

早くもアカデミー賞ノミネート有力作だとの声も挙がる注目作

本作は先月開催された第 48 回トロント国際映画祭の GALA 部門で初お披露目され、その衝撃的なストーリーと豪華な出演陣による圧倒的な演技が話題となり、早くもアカデミー賞ノミネート有力作だとの声も挙がる注目作。4 人の犯罪者の未亡人たちが運命に立ち向かう様を描いている。

メガホンをとるのは、『それでも夜は明ける』で一人の黒人男性の 12 年間にも及ぶ奴隷生活を描き、アカデミー賞作品賞を獲得したスティーヴ・マックイーン。本作では、 1983 年にイギリスで放送された人気ミニ TV シリーズ「Widows(原題)」を、『ゴーン・ガール』も手掛けた女性推理作家であるギリアン・フリンと共同脚本を手掛けている。

名だたる共演者の中で主演を務めるのは、デンゼル・ワシントン共演の『フェンス』でアカデミー賞助演女優賞を獲得した実力派女優、ヴォオラ・デイヴィス。最愛の夫を亡くし悲しみに暮れるも、反撃に立ち上がる強靭な女性ヴェロニカを力強く演じている。

彼女と共に女性犯罪チーム「WIDOWS(ウィドウズ)」のメンバーとして立ち上がる未亡人たちに、『ワイルド・スピード』シリーズのミシェル・ロドリゲス、『華麗なるギャツビー』のエリザベス・デビッキ、ミュージカル女優として活躍するシンシア・エリヴォが扮する。

また豪華男性俳優陣も勢ぞろい! ヴェロニカの夫ハリー役には、言わずと知れた名優リーアム・ニーソンが扮し、WIDOWS たちに影響を与える政治家、ジャック・モリガン役には『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の公開を控えるコリン・ファレルが挑む。その他、『ゲット・アウト』でスターダムに駆け上がったダニエル・カルーヤをはじめ、ジャッキー・ウィーヴァー、ロバート・デュヴァルら個性派俳優も名を連ねている。

画像: オープニングを飾ったロンドン映画祭に登場した出演者と監督

オープニングを飾ったロンドン映画祭に登場した出演者と監督

現地時間 10 月 10 日(水)にはロンドン映画祭が開幕し、本作が映画祭のオープニング作品を飾った。Opening Night Gala イベントはシネワールド・レスター・スクエアで行われ、レッドカーペットには、監督のスティーヴ・マックイーンとキャストのヴィオラ・デイヴィス、ミシェル・ロドリゲス、ダニエル・カルーヤ、アン・ミッチェルが登場した。

スティーヴ・マックイーン監督は、「ヴィオラ・デイヴィスは僕のアイコンなんだ! 彼女はグレタ・ガルボやベティ・デイヴィス、キャサリン・ヘップバーンにも例えられる素晴らしい女優だ。偉大な監督は皆、女性を主人公にした映画を作っている。30 年代から 50 年代には、こういうアイコンとなる女優を主演に起用した映画がよく作られていたよね。そういうタイプの映画が最近は作られなくなっていたけれど、今回とても貴重なチャンスをもらって、彼女のようなレベルの高い女優と仕事ができて、本当に光栄に思っているよ」と、主演のヴィオラを称賛した。
トロント国際映画祭に引き続き、本映画祭での評価も非常に高く、輝かしいスタートを切った。キャストの他に、プロデューサーのイアン・カニング、作曲家のハンス・ジマー、原作者のリンダ・ラ・プラントも登壇し、華やかなレッドカーペットとなった。

妻たちの落とし前
2019 年 4 月全国公開
配給:20 世紀 FOX 映画
©2018Twentueth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.