英国を代表する名優マイケル・ケインがプレゼンターを務め、ポール・マッカートニー、ツィギーらと共に、彼らが生きた激動の 1960 年代のイギリスを舞台にしたドキュメンタリー映画、“MY GENERATION”が邦題『マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!』として 2019 年 1 月 5 日(土)よりBunkamura ル・シネマ他全国順次ロードショーが決定した。

ジョン・レノンやデイヴィッド・ボウイら伝説的人物の貴重映像もたっぷり

本作は、『ハンナとその姉妹』『サイダーハウス・ルール』で 2 度のアカデミー賞を受賞し、クリストファー・ノーランの『バッドマン』シリーズ、『キングスマン』など数多くの人気作品に出演している英国を代表する名優マイケル・ケインがプロデューサー、そしてプレゼンターとして参加。「マイケルや彼の仲間たちがイギリスの階級に支配された社会を先頭に立って非難し、どのように新たなポップカルチャーが生まれたてきたのか。彼らや 60 年代に対して大きな恩義を感じているのは、私だけではないはず。」と語るデイヴィッド・バッティ監督と共に 6 年がかりで 50 以上のインタビュー撮影を敢行し制作した。

不滅の人気を誇るビートルズ、ローリング・ストーンズ、ザ・フーといった大物ミュージシャンをはじめ、日本でも一世を風靡したモデルのツィギー、ミニスカートやカラータイツの発案者であるメアリ―・クヮントといったキーパーソンに取材し、若き日の姿に現在の声をかぶせるという大胆な手法もとっている。

また、ジョン・レノンやデイヴィッド・ボウイなどの数多くの伝説的パイオニアたちの貴重なアーカイブ映像もたっぷり盛り込まれており、時代をリードした人々のコメントを通じて光あふれる 60 年代を体感することができる。マイケル・ケインのユニークでオリジナルな時代に対する愛情あふれるナレーションと 60 年代のカルチャー・アイコンが多数登場する当時の生々しい感覚が蘇ってくる映画が誕生した。

マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!
2019 年 1 月 5 日(土)より Bunkamura ル・シネマ他全国順次ロードショー
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
© Raymi Hero Productions 2017

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.