獄中から非暴力を訴え続けたジェームズ・フォークナー演じるキリスト教の使途パウロを、ジム・カヴィーゼル演じる医師ルカの視点で描く。

キリスト教の使徒パウロと医師ルカの歴史ドラマ

新約聖書におけるキリストに次ぐ重要人物の一人で、暴君ネロ迫害下のローマの獄中から非暴力の愛を叫び続けた使徒パウロの物語を、彼の言葉を民衆に伝えるために書き記し続けた医者ルカの視点から映画化。
「パッション」でキリストを演じたジム・カヴィーゼルがルカに扮し、「アトミック・ブロンド」のジェームズ・フォークナーがパウロを演じている。監督はこれが日本初登場となるアンドルー・ハイアット。製作総指揮にはカヴィーゼルも名を連ねる。

画像: キリスト教の使徒パウロと医師ルカの歴史ドラマ

暴君ネロの迫害が激化する中、パウロは獄中から愛を叫ぶが…

紀元67年。暴君ネロが皇帝として治めるローマを大火事が襲った。ネロはこれをキリスト教徒による放火とし、首謀者はタルソのサウロ、別名パウロ(フォークナー)だと彼を逮捕した。
獄中のパウロを仲間の医者ルカ(カヴィーゼル)が訪ね、彼の言葉を人々に伝えるため書き記していく。ネロの迫害は激しさを増す一方だったが、パウロはキリスト教徒たちに、暴力ではなく愛をもって戦うよう諭す。だが血気にはやるキリスト教徒たちはローマ軍に剣をもって立ち向かおうとしていた。
使徒となる前のパウロはキリスト教徒を迫害する側にいた。改心前の自分が殺めた人々の夢を見てうなされるパウロ。その頃、彼のいる獄舎の長官マウリティウス(オリヴィエ・マルティネス)の娘が病気になり、彼女を救えるのはルカだけだった。パウロに運命の時が迫る中、娘の命は?

画像: 暴君ネロの迫害が激化する中、パウロは獄中から愛を叫ぶが…
画像: 映画『パウロ 愛と赦しの物語』予告(11月3日公開) www.youtube.com

映画『パウロ 愛と赦しの物語』予告(11月3日公開)

www.youtube.com

「パウロ 愛と赦しの物語」
11月3日(土)より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷他で順次公開
出演/ジム・カヴィーゼル、ジェームズ・フォークナー
監督/アンドルー・ハイアット
配給/ソニー・ピクチャーズ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.