伝説のバンド、クイーンのフレディ・マーキュリーの半生を描いた感動のドラマ「ボヘミアン・ラプソディ」がついに11月9日(金)日本公開!これに先立ちクイーンを演じたキャストが初来日し、ジャパンプレミアに登壇した。

世界中で大ヒットを記録中の「ボヘミアン・ラプソディ」。いよいよ11月9日の日本公開を目前に、クイーンのメンバーを演じたキャストが初来日!本年度のアカデミー賞の呼び声も高いラミ・マレック(フレディ・マーキュリー役)をはじめ、グウィリム・リー(ブライアン・メイ役)、ジョー・マッゼロ(ジョン・ディーコン役)の3人が来日しジャパンプレミアに登壇。

画像1: 「ボヘミアン・ラプソディ」キャスト来日!
紫カーペットで華麗なるジャパンプレミア開催

プレミア会場には映画のイメージカラーであるパープルカーペットが敷かれ、来日キャストのほか、ROLLYさんやダイアモンド✡ユカイさん、ひょっこりはんさんなどクイーンファンも登場!舞台挨拶では、来日キャストが日本での公開を記念して鏡割り行などを行なった。

画像2: 「ボヘミアン・ラプソディ」キャスト来日!
紫カーペットで華麗なるジャパンプレミア開催
画像3: 「ボヘミアン・ラプソディ」キャスト来日!
紫カーペットで華麗なるジャパンプレミア開催
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.