日本公開に先がけ、11月16日(金・現地時間)からアメリカはじめ79ヶ国で公開した「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」。全世界で2億5,320万ドルをたたき出し「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のオープニング成績を超える大ヒット!全米では6,220万ドルを売り上げ、初登場No.1を記録!
画像1: 全米No.1スタート!全世界で2億5000万ドル超!
「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」

日本でも11月23日の公開を前に空前の盛り上がりを見せている「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」。アメリカをはじめとする79ヶ国で11月16日(金・現地時間)からついに公開、2年前の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のオープニング興収(2億1,190万ドル)を大幅に上回り、2億5,320万ドルの大ヒットスタート!また、全米では、4,163スクリーンで封切られ、6,220万ドルをたたき出し、「グリンチ」や「ボヘミアン・ラプソティ」といった今秋公開の並み居る大敵から大差をつけて堂々の初登場1位を獲得!

画像2: 全米No.1スタート!全世界で2億5000万ドル超!
「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」

いよいよ、今週末より日本での公開を控え、様々なコラボが展開されている本作。ラフォーレ原宿では、館内約30ショップにて合計50アイテム以上のコラボ商品を発売。サマンサタバサとのコラボ展開も好調で、サマンサタバサプチチョイスでは発売初日で300個即完売したアイテムも。

都内各所では複数の期間限定ショップも開催中で、原宿「トイサピエンス」ではSNSと連動したプレゼントキャンペーンを実施中。東京ソラマチではオープンから3日間で2000名以上の人が来店、東急百貨店渋谷駅・東横店では会場先行商品含む1000種類以上の関連グッズが勢ぞろい!

渋谷駅に登場した日本初上陸の“ハリポタ魔法ワールド”を存分に堪能できる「9と3/4番線」には週末だけで約2,000人の来場者が訪れていたり、新宿ミロード及びキャナルシティ博多に期間限定オープンしている世界初となる魔法ワールドカフェも大好評!

そして明日からは主演のエディ・レッドメインらが来日し、来日プロモーションを連日実施。映画公開を前に大旋風を巻き起こしている本作から目が離せない!

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」
11月23日(金・祝) 3D/4D/IMAX® 同時公開

©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.