サイコロジカル・サスペンス映画史上ナンバーワン作品との呼び声も高い『ザ・バニシング -消失-』が2019年4月12日(金)よりシネマート新宿他全国順次公開することが決定。また、公開に合わせてビジュアルも解禁となった。

本作は1988年オランダ映画祭で最優秀作品賞を受賞し、その他世界中の映画祭で喝采を浴び、30年を経た現在でも海外映画批評サイト Rotten Tomatoes で 98%の高評価を獲得しているサイコロジカル・サスペンスの金字塔。

そのあまりに絶望的で魅力のあるラストは、『サイコ』(1960)、『羊たちの沈黙』(1991)、『セブン』(1995)を超えるとの呼び声も高く、巨匠スタンリー・キューブリックが3回鑑賞し、「これまで 観たすべての映画の中で最も恐ろしい映画だ」と絶賛。2019年4月、30年の時を経てついに映画ファン待望の日本劇場初公開となる。

オランダからフランスへと車で小旅行に出掛けていたカップル、レックスとサスキア。だが立ち寄ったドライブインで、サスキアは忽然と姿を消してしまう。必死に彼女を捜すも手掛かりは得られず、3年の歳月が経過。依然として捜索を続けるレックスの元へ、犯人らしき人物からの手紙が何通も届き始め...。

ある日突然消えた恋人を捜して、執念と亡霊に取り憑かれたかのように次第に精神を追い詰められていく男と、自分の異常性と正常性を立証したいという欲求から、ある歪んだ「実験」に手を染める男。過剰な演出を排除し、ただ静かに迫りくる異様な恐怖の正体に観る者は恐ろしくも魅了される。

今回、同時に解禁となったポスタービジュアルでは、謎の男の怪しい眼光が一人の女性を捉えている。その眼差しは私たちをも奇妙な世界に招くよう・・・。

監督は『マイセン幻影』(1992)、『ダーク・ブラッド』(2012)のフランス人監督、ジョルジュ・シュ
ルイツァー。1993年にはその手腕を認められ、監督自身の手によりジェフ・ブリッジズ、キーファー・サザーランド、サンドラ・ブロック出演で本作をハリウッド・リメイクしている。

『ゴーン・ガール』(2013)、『ヘレディタリー/継承』(2018)など“胸糞映画”と評される作品が軒並み連ねる昨今。それらの基盤となったといっても過言ではない、映画史に残るクライマックスをついに大きなスクリーンで目にすることができる。

ザ・バニシング -消失-
2019年4月12日(金)よりシネマート新宿他全国順次公開
配給:アンプラグド
©1988 Published by Productionfund for Dutch Films

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.