謀略と裏切りの宮廷で最後に笑うのはいったい誰か?孤独な女王の寵愛をめぐり女たちの権力闘争が勃発する「女王陛下のお気に入り」が2018年2月15日公開。

アカデミー賞ノミネート! 注目作画ついに日本上陸

18世紀のイングランド。病弱なアン女王を幼馴染のレディ・サラが操る宮廷に、サラの従妹アビゲイルがやってくる。それが三人の女性の愛と権力をめぐる駆け引きの始まりだった。孤独な女王とその寵愛を取り合う二人の女のプライドをかけた“女の戦い”を、3人の実力派女優の豪華共演で描く宮廷ドラマ。

アン女王に扮するのは「オリエント急行殺人事件」のオリビア・コールマン、アビゲイルを「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン、レディ・サラを「否定と肯定」のレイチェル・ワイズが演じているほか、ニコラス・ホルト、ジョー・アルウィンらが共演している。監督は「ロブスター」などで注目されるギリシアの奇才ヨルゴス・ランティモスで、撮影をロビー・ライアンが担当した。

ベネチア映画祭では審査員大賞と女優賞(オリヴィア)に輝き、ゴールデングローブ賞でもオリヴィアが主演女優賞(ミュージカル・コメディー部門)を受賞。

最後に笑うのは?要注目キャラはこれだ!

画像: 最後に笑うのは?要注目キャラはこれだ!

18世紀イングランドの女王
アン(オリビア・コールマン)

女王としてイングランドを治めているが、病弱で痛風を患っている。ルイ14世のフランスとの戦いの最中で、戦争推進派に肩入れしている。17回妊娠したが現在残っている子供はいない。

アン女王を操る幼馴染の女官長
レディ・サラ・チャーチル(レイチェル・ワイズ)

女王の幼馴染で実質的に国政を支配している女官長。アン女王とは親密だが、わがままぶりに振り回されることも。従妹のアビゲイルを最初は気に入っているが、やがて対立するように。

サラに雇ってもらった元貴族の娘
アビゲイル・ヒル(エマ・ストーン)

上流階級だったが父のせいで没落した家族の娘。サラの従妹にあたり、彼女を頼って宮廷に雇われる。人を魅了する才能を持ち、冷静かつ賢く空気を読む。召使いから侍女、女官へ昇進。

ロバート・ハーリー(ニコラス・ホルト)

戦争終結を望むトーリー党員。横柄で傲慢だが人を操ることに長けている。華美に着飾るのが好き。

サミュエル・マシャム(ジョー・アルウィン)

軍の大佐。アビゲイルに一目惚れし、女王に取り入ろうとするハーリーの仲介で上流志向の彼女と結婚。

その女たちの権力闘争とは?

18世紀初頭のイングランドはフランスとの戦争状態にあった。支配するのは病弱なアン女王(オリビア)で、幼馴染のレディ・サラ(レイチェル)がその女王を操っていた。

今日はサラの夫モールバラ公率いる軍がフランスに大勝利を収め、機嫌のいいアン女王はサラに王室地の広大な区画を与える。そこへやって来たのはサラの従妹だというアビゲイル(エマ)。上流階級から没落した家庭のアビゲイルは、サラに頼み込み召使として雇ってもらう。再び貴族の地位を望んでいるアビゲイルはアン女王に取り入り、侍女、女官へと昇進を重ねていく。

議会は戦争推進派と終結派に割れていたが、終結派を束ねるハーリー(ホルト)がアビゲイルに接近、彼女が想いを寄せる若い貴族マシャム(アルウィン)との結婚を条件に協力させようとする。アビゲイルはさらに女王の機嫌をとって、議会対策などで多忙のサラの隙をついて追い落としを図っていく……

「女王陛下のお気に入り」注目ポイントはココ!

監督のイメージ通りの3人の完璧なキャスティング

主演の3人の女優には監督がイメージしたとおりの実力派女優のキャスティングが実現。3人は撮影開始前からともに3週間を過ごし、互いの信頼関係を築き打ち解けたという。

3度のオスカーに輝く衣装デザイナー

衣装を担当したのはサンディー・パウエルで、これまで3度オスカーを受賞している。今回はこの作品の映画化の話を聞いて自らプロデューサーに売り込み、衣装を担当したという。

宮廷に使われたのは17世紀に造られた建物

撮影に宮廷として使われたのは、ジェームズ1世の大蔵卿ロバート・セシルによって1611年に建てられたハットフィールド・ハウス。大階段と広々とした客間、何マイルもの廊下がある。

女王陛下のお気に入り
2019年2月15日公開
The Favourite
原題『お気に入り』2018年度作品。2時間。アイルランド=英=米映画。20世紀フォックス映画配給
©2018 Twentieth Century Fox

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.