いま初めて明かされるヴィクリア女王と従者の感動の交流…ジュディ・デンチ×英国最高峰のスタッフ集結! 壮観の映像美でユーモラスに綴る愛すべき珠玉の人間ドラマ「ヴィクトリア女王 最期の秘密」が1月25日公開!
画像1: 孤独な女王の晩年を輝かせた知られざる〈真実〉の日々。
「ヴィクトリア女王 最期の秘密」

最晩年のヴィクトリア女王が唯一心を許したのは、はるばるインドからやってきた従僕だった……「QueenVictoria/至上の恋」でもヴィクトリア女王に扮したジュディー・デンチが再び同役に挑んだ歴史ドラマ。女王の晩年を輝かせた感動の秘密が明かされる。共演は「きっと、うまくいく」のアリ・ファザル、エディー・イザードら。

英国とインドの関係に詳しい女性ジャーナリスト、シュラバニ・バスの原作を「戦火の馬」のリー・ホールが脚色、「あなたを抱きしめる日まで」でもジュディーと組んだスティーヴン・フリアーズが監督に当たった。

画像2: 孤独な女王の晩年を輝かせた知られざる〈真実〉の日々。
「ヴィクトリア女王 最期の秘密」

1887年、ヴィクトリア女王(ジュディー)の即位50周年記念式典で記念金貨の献上役を務めるため、植民地インドからアブドゥル(ファザル)という若者が呼び寄せられた。

式典は無事に終わったが、女王に印象を残したアブドゥルは式典の期間中、従僕として女王に使えることになる。だが、ことはそれだけでは済まなかった。宮廷作法を知らず物怖じしないアブドゥルは女王と普通に会話し、女王もそんな彼を気に入っていく。インドの支配者でもありながら、その地について何も知らないヴィクトリア。彼女はアブドゥルにインドの言葉や文化を教えてもらい、次第にインドインドへの興味を深めていく。しかし、二人の常識を超えた交流に皇太子バーティー(イザード)らは反感を強めていった。

画像3: 孤独な女王の晩年を輝かせた知られざる〈真実〉の日々。
「ヴィクトリア女王 最期の秘密」

1月25日公開。2017年度作品。1時間52分。英=米映画。ビターズ・エンド=パルコ配給

©2017 Focus Features LLC.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.