ホラー映画に新たな歴史を刻んだ『チャイルド・プレイ』(1988)から30年。ストーリーを新たに、再び殺人人形チャッキーの恐怖を描く新作『チャイルド・プレイ』が2019年7月19日(金)に日本公開されることが決定した。

ホラー映画史上No.1ヒット『IT/イット』の製作陣が再結集

青いオーバーオールにカラフルなボーダーのTシャツという可愛い姿の人形“チャッキー”が刃物を持って人に襲い掛かる姿が多くのホラーファンのド肝を抜き、多くの観客にトラウマを植え付けた『チャイルド・プレイ』(1988)。

あの伝説的ホラー映画が、ホラー映画史上No.1ヒット『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のプロデューサーコンビ、セス・グラハム・スミスとデヴィッド・カッツェンバーグによって新たに生まれ変わる。

21世紀の最新技術が詰まったバディ人形を手に入れる少年アンディ役には『アナベル 死霊館の人形』(14)、『ライト/オフ』(16)などのホラー映画に次々出演し脚光を浴びている新鋭ガブリエル・ベイトマン、少年アンディの母親役には人気TVドラマシリーズ「レギオン」で知られる女優オーブリー・プラザ。

監督にはポラロイドカメラをテーマにしたホラー『Polaroid』(原題)で界隈から大きな注目を集めたラース・クレヴバーグが大抜擢された。

時を経て現代に産み落とされる最恐の殺人人形チャッキー。偉大なるオリジナルへのリスペクトと、製作陣の並々ならぬ決意を示すように、タイトルも一作目と同じ『チャイルド・プレイ』(原題『CHILD’S PLAY』)に決定した。

チャイルド・プレイ
2019年7月19日(金)全国公開
配給:東和ピクチャーズ
© 2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved.Distributed Through United Artists Releasing CHILD’S PLAY is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.