ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、アメリカ、ヨーロッパ、インドにおける好調な開始を受け、Disney+(ディズニープラス)を、2020年6月11日に、国内でNTTドコモとの独占的な協業を通じて、サービス提供開始することを発表した。

ディズニー作品、スター・ウォーズ、マーベル、ピクサーなど豪華ラインナップ

ウォルト・ディズニー・カンパニーアジアパシフィック担当プレジデントであるUday Shankar(ウーデイ・シャンカー)は「アジアパシフィック地域において、ディズニープラスはオーストラリアとニュージーランド、そして最近ではインドでDisney+Hotstar(ディズニープラスホットスター)としてサービスを開始し、成功を収めています。そして今回、ディズニープラスの魔法を日本の消費者のみなさまにお届けできるようになること、また、私たちの大切なファンの方々に、ディズニーの心温まる物語と愛されるキャラクターたちを、引き続きお楽しみいただくことをとても嬉しく思います」と述べている。
ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィックといった、ディズニーが保有する象徴的なエンターテイメント・ブランドの公式動画配信サービスであるディズニープラスは、誰もが知っているクラシック作品から最新の大ヒット映画、さらには同サービスのためだけに製作された長編映画、シリーズ番組、ドキュメンタリー、短編などのオリジナル作品まで、他にはないラインアップをそろえている。

画像: (c)  2020 Disney and its related entities

(c) 2020 Disney and its related entities

入会者は、月額700円(税抜)の定額制で、豪華な作品ラインアップを楽しめる。最近の大ヒット劇場公開作品「トイ・ストーリー4」、「ライオン・キング」、「アベンジャーズ/エンドゲーム」から、1955年に公開された名作アニメーションの実写版「わんわん物語」、ジョン・ファヴローの製作総指揮によるスター・ウォーズ実写ドラマシリーズ「マンダロリアン」、「ハイスクール・ミュージカル」をベースにした新シリーズ「ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル」、そして世界各地で数多くの人々に感動を与えてきたディズニーのテーマパークで、企画開発を担当している部署の舞台裏を描いたドキュメンタリー・シリーズ「イマジニアリング~夢を形にする人々」など、数多くの作品がそろっている。

ディズニープラスは、6月11日から、ドコモショップやMy docomo、また、ディズニープラスの公式サイトなどから申し込みが可能。申込みにはdアカウントが必要だが、どのキャリアユーザーでも入会できる。「ディズニーデラックス」の入会者は、6月11日からディズニープラスを追加費用無しで利用できる。

This article is a sponsored article by
''.