実話を基にした世界的なベストセラー小説を映画化した『ゴリラのアイヴァン』がDisney+ (ディズニープラス)にて、2020年9月11日(金)より日本公開される。

特別なゴリラの忘れられない物語『ゴリラのアイヴァン』

実話を基にした世界的なベストセラー小説をウォルト・ディズニー・スタジオが映画化した『ゴリラのアイヴァン』。このたび劇場公開から予定を変更し、Disney+(ディズニープラス)にて、2020 年9月11日(金)より日本公開されることが決定した。

主人公のゴリラ、アイヴァンは400ポンド(約180kg)のシルバーバック・ゴリラ。郊外のショッピングモールで大きな声で雄たけびをあげて観客を喜ばせるのが仕事。ゾウのステラや犬のボブら仲間たちと一緒に幸せに暮らしていた中、ルビーと名付けられた赤ちゃんゾウがやって来る。ごく最近、野生の家族から引き離されたルビーに接したアイヴァンは、ほとんど記憶にないはずのふるさとへの想いに、身体の奥深くにある何かが揺さぶられる――。

監督はテア・シャーロック、制作はアンジェリーナ・ジョリーが担当。さらにハリウッド映画ならではの豪華声優陣も注目。アイヴァン役をサム・ロックウェル、ゾウのステラ役をアンジェリーナ・ジョリー、犬のボブ役にダニー・デヴィート、プードルのスニッカー役にヘレン・ミレン、ニワトリのヘンリエッタ役にチャカ・カーン、アザラシのフランキー役にマイク・ホワイト、赤ちゃんゾウのルビー役にブルックリン・キンバリー・プリンス、俳優陣にはレイモン・ロドリゲス、アリアナ・グリーンブラット、ブライアン・クランストンなどが名を連ねる。

テア・シャーロック監督コメント

「世界は一瞬で変わってしまいました。世界中のすべての人々が、この100年には見たこともない人生を変える重大な経験を共有しています。このような状況で、実話から発想を得て作られたキャサリン・アップルゲイトの愉快で独創的な物語を、ディズニープラスで世界に向けて配信できることを嬉しく思っています。ぜひ、真の友情を描く唯一無二のこの映画を通して、皆さんと喜びを分かち合えればと思います」

動物たちや人間との絆に心温まるディズニー最新映画『ゴリラのアイヴァン』は9月11日(金)よりディズニープラスで独占配信。友情のすばらしさ、描くことの力強さ、ふるさとと呼ぶ場所の大切さを感じられる物語だ。© 2020 Disney

\はじめてなら初月無料でお試し!/⟱ご加入はこちら⟱

ディズニーデラックス

This article is a sponsored article by
''.