2021年はトム・クルーズにとって映画デビューから40周年となるメモリアルイヤー。それを祝福するかのように、彼の代名詞ともいえる『トップガン』『ミッション:インポッシブル』という二大シリーズの公開が控えています。ハリウッドの最前線に立ち続ける“伝説”の勢いは衰えるどころかますます加速中。2021年は“トムの年”です!

トップガン マーヴェリック

伝説的スカイアクションの続編が35年ぶりに登場!

アメリカ海軍パイロットのエリート養成学校、通称“トップガン”に所属するエースパイロット候補生の挫折と栄光の日々を描き、主演のトム・クルーズを一躍ハリウッドのスターダムの頂点へと押し上げた世界的ヒット作『トップガン』(1986)。あれから35年、満を持して待望の続編が誕生する!

主人公マーヴェリック役を演じるのはもちろんトム・クルーズ。30年以上にわたり輝かしい功績を残しながら、未だ昇進することなく、養成学校の教官となっているマーヴェリックの“現在”が描かれる。

前作に登場した亡き親友グースの息子ルースターに扮するのは『セッション』のマイルズ・テラー。さらに前作でマーヴェリックのライバル“アイスマン”を演じたヴァル・キルマーの出演も決定している。

画像: 養成学校の教官となっているマーヴェリックの“現在”が描かれる

養成学校の教官となっているマーヴェリックの“現在”が描かれる

見どころは六台のIMAXカメラを戦闘機に乗せるという前代未聞の撮影方法で生み出された“すべて本物”の飛行シーン。トムをはじめとするキャストたちが壮絶なG環境にも耐え、実際に戦闘機に乗り込んで撮影。

製作者ジェリー・ブラッカイマーは『観客はまるでコックピット内にいるような体験をする』と語っている。監督を務めるのは『オブリビオン』でもトムとタッグを組んだジョゼフ・コジンスキー。

画像: トムをはじめとするキャストたちが実際に戦闘機に乗り込み撮影

トムをはじめとするキャストたちが実際に戦闘機に乗り込み撮影

\ここに注目!/
実際の戦闘機を駆使した映画史上初の空中撮影

画像: \ここに注目!/ 実際の戦闘機を駆使した映画史上初の空中撮影

マーヴェリック(トム・クルーズ)
エリート・パイロット養成機関”トップガン”の教官として重要なミッションを託され帰還。その名の通り、マーヴェリック(一匹狼、異端者)的な性格の持ち主だが、超人的な操縦スキルを持つ。

自身の代表作である『トップガン』続編に挑む条件としてトム・クルーズが製作陣に求めたのは『CGを使わずにすべて自分でやること』だった。その“本物志向”に基づき、トムを含むキャストは過酷な特訓を積んだうえで、実際の戦闘機内の強烈なGフォースの中で演技を行なった。本物の戦闘機を駆使した空中撮影は映画史上でも初の試みだ。

トップガン マーヴェリック
2021年公開

監督:ジョゼフ・コジンスキー
出演:トム・クルーズ、マイルズ・テラー
東和ピクチャーズ配給

© 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

ミッション:インポッシブル7(仮題)

今度の“ミッション”はシリーズ初の二部作

トム・クルーズのもう一つの代表作『ミッション:インポッシブル』も2021年末の全米公開に向けてシリーズ最新作が製作中。コロナ禍でいったん撮影が中断されていたが、現在は再びヨーロッパ各地でロケが行なわれている。

画像: 今回もトム自らバイクアクションなどにノースタントで挑んでいる

今回もトム自らバイクアクションなどにノースタントで挑んでいる

今回はシリーズ初の“二部作”構成。第8作も同時並行で製作され、2022年には『8』も連続公開される予定だ。

物語の詳細はまだ不明だが、トムをはじめ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、レベッカ・ファーガソンといったレギュラー・キャストが再結集。不可能を可能にするスパイ、イーサン・ハントとチーム“IMF”の新たなミッションが描かれる模様だ。

注目は、新キャストとして参加するヘイリー・アトウェル。撮影現場ではトムと手錠で繫がれている姿が確認され、二人が“運命共同体”として事件に巻き込まれていくことが示唆されている。

画像: 今度の“ミッション”はシリーズ初の二部作

『ミッション』シリーズの代名詞ともいえるトム本人による人間離れしたアクションは今回も健在。ロケ地の一つローマでは、道路を完全封鎖してバイクアクションなどに自ら挑むトムの姿も確認されている。監督を務めるのはこれが『ミッション』シリーズ三作目となり、トムからの信頼も厚いクリストファー・マッカリー。

\ここに注目!/
毎回過激アクションを見せるトムがまたも〝前作超え〞に挑む!

画像: \ここに注目!/ 毎回過激アクションを見せるトムがまたも〝前作超え〞に挑む!

イーサン・ハント(トム・クルーズ)
IMF(不可能作戦部隊)の超敏腕エージェント。超人的な身体能力と大胆な行動力で数々の国家的危機を救ってきた。最高の相棒ベンジー、天才ハッカーのルーサーら仲間にも恵まれている。

毎回トム自ら挑む過激アクションが話題を呼ぶ本シリーズ。今度はいよいよ宇宙が舞台になるというウワサもあったが、それは監督が否定。しかしトムは宇宙撮影の可能性も模索しているようで、まったくありえない話ではなさそう。ひとまず現在は、ヨーロッパ各地のロケーションを生かしたアクションシーンが撮影されている様子。常に“前作超え”を自らに課すトムが次は何を見せてくれる?

ミッション:インポッシブル7(仮題)
2021年公開

監督:クリストファー・マッカリー
出演:トム・クルーズ、サイモン・ペッグ
東和ピクチャーズ配給

Photo by Massimo Insabato/Archivio Massimo Insabato/Mondadori Portfolio via Getty Images

This article is a sponsored article by
''.