今年のゴールデンウィーク映画は30本超!しっかり予定を立てないと、見ようと思っていた作品を見逃すことになっちゃうかも。そこで、見てどんな気分になりたいか6つのジャンルに分類、それぞれの作品のポイントを教えちゃいます!今回はゾーッとしたい、ヒヤヒヤしたい人向けの映画をご紹介。

そんなあなたにはサスペンス&スリラー!

01:「リアル」(公開中)

“仮面の男”の正体は? 韓国の人気若手が二役に挑戦したサスペンス・アクション!

02:「ザ・スクエア 思いやりの聖域」(公開中)

スウェーデンの現代美術館のキュレーター、クリスティアン(バング)は次の展覧会で“思いやりの聖域”をテーマにした作品を展示しようとしていたが、ある小さな事件をきっかけにとんでもない事態に…!

スウェーデンのある美術館が新たに展示しようとした作品が巻き起こす騒動を、ブラックユーモアたっぷりに描く不条理ドラマ。

03:「サバービコン 仮面を被った街」(2018年5月4日公開)

コーエン兄弟の脚本をジョージ・クルーニーが監督。50年代の平凡な街で起こる事件!マット・デイモンの50年代衣装にも注目。

04:「女は二度決断する」(公開中)

爆弾テロで夫と息子を失った女性。だが警察は死亡した夫の前歴から犯罪組織の関与を疑う。2000年代初期にドイツで起こった極右組織のテロに着想を得た、「50年後のボクたちは」のファティ・アキン監督による社会派ドラマ。

05:「ベルリン・シンドローム」(公開中)

一人旅の途中で狂気の男に監禁された若い女性。彼女は何とか脱出しようとするが、男は周到に準備を整えていた……世界中で社会問題化している女性の拉致・監禁事件を描いたサスペンス・スリラー。

06:「アンロック/陰謀のコード」(公開中)

罠にはめられたCIAエージェントの反撃! ノオミ・ラパス主演のアクション・スリラー。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.