年に一度の恒例人気企画“海外ドラマ大賞”の4回目の発表です!作品編、キャラクター編、懐かしドラマ編にわけてお届けします。海外ドラマはTVシリーズにしかできないスケールと面白さで注目を集めており、ファンのみなさんからも熱い声援をいただいています。今年はどんな結果になったかご覧ください。今回は懐かしドラマ編です!(解説・池田敏、清水久美子/デジタル編集・スクリーン編集部)

第10位:「X-ファイル」(1993~)

一度ファンになったら何度でも追いかけて見るドラマ

「24-TWENTYFOUR-」よりずっと前に世界中の視聴者を魅了し、日本でも熱狂的ファンを生み出した大ヒットドラマ。映画版も2本製作され、約15年ぶりの続編「X-ファイル2016」「X-ファイル2018」も登場。今後も…!?

画像: 一度ファンになったら何度でも追いかけて見るドラマ

FAN'S VOICE

子どもの頃に見て夢中になってしまいました(28歳・女性)
海外ドラマの面白さに目覚めるきっかけとなった作品です(43歳・女性)

第9位:「24 - TWENTY FOUR -」(2001~2010)

若かった頃のジャック・バウアーにもう一会いたい!

番組名を知らない人はいないほど有名な海外ドラマの金字塔。シーズン8で終了後も「24-TWENTYFOUR-リブ・アナザー・デイ」や主人公を変えて「24-TWENTYFOUR-レガシー」も製作された。誰の記憶にも残る名作だ。

画像: 若かった頃のジャック・バウアーにもう一会いたい!

FAN'S VOICE

何度も繰り返して見てしまうほど中毒性のあるドラマです(18歳・女性)
ハラハラしながらもジャック・バウアーが何とかして助けてくれるのでついイッキ見しちゃいます(31歳・女性)

第8位:「プリズン・ブレイク」(2005~2017)

ブームはまだまだ終わらない!今こそ見直すドラマ

シーズンによって面白さにややムラがあるものの、海外ドラマブームを盛り上げた代表的な作品の一つとして何度でも見たい番組であることは間違いない。一度完結したが8年後に復活したし、さらに続く予定もあり。

画像: ブームはまだまだ終わらない!今こそ見直すドラマ

FAN'S VOICE

この作品を見て海外ドラマにハマりました。ドキドキ・ワクワク感が最高(25歳・男性)
話が濃密で毎週早く次の話が見たい!と思ってました(25歳・女性)

第7位:「エージェント・カーター」(2015~2016)

キャプテン・アメリカも惚れた女性の原点を知る

こちらは残念ながら2シーズン・計18話で終わってしまったので、番組終了を惜しんでもっと見たい人が多かったに違いない。シールド創設者の一人であるペギー・カーターは魅力的な人気キャラクターなので納得だ。

画像: キャプテン・アメリカも惚れた女性の原点を知る

FAN'S VOICE

この後の展開が見たくてたまりません(24歳・女性)
キャップの始まりを知るには押さえておきたい作品です(33歳・男性)

第6位:「エージェント・オブ・シールド」(2013 ~)

映画シリーズ最新作を見た後に再度スピンオフドラマを

人気シリーズとして続いているが、もう一度見たいと思うのは、映画「アベンジャーズ」シリーズとあわせて楽しみたいからか、それとも単純に大好きだから何度でも見たいのか。熱狂的なファンによってランクイン。

画像: 映画シリーズ最新作を見た後に再度スピンオフドラマを

FAN'S VOICE

登場するキャラクター全員が魅力的で大好きです(17歳・女性)
MCUとリンクしているしぶっ飛んだ内容で見飽きません(20歳・女性)

第5位:「大草原の小さな家」(1974~1983)

もう一度見たい懐かしの名作といったらやっぱりこれ

「もう一度見たい部門」というカテゴリーに最もふさわしいドラマだと言える、子供の頃に見て憧れたインガルス一家の物語。大自然の中で暮らしたいと思ったり、ローラを真似しておさげ髪にしてみたり。懐かしい!

画像: もう一度見たい懐かしの名作といったらやっぱりこれ

FAN'S VOICE

人の優しさや家族の大切さなど色々なことを教えてくれたドラマです(41歳・女性)
今の若い人たちにも見てもらいたい感動作です(32歳・男性)

第4位:「glee /グリー」(2009 ~ 2015)

見たら元気になれる音楽ドラマを最初から通して視聴

負け犬キャラが歌で輝くストーリーが画期的で、もう一度第1話から見直したくなる。番組で使用された数々の楽曲をもう一度聴きたくなったり、歌うことを通して成長していくキャラクターたちにもう一度会いたい。

画像: 見たら元気になれる音楽ドラマを最初から通して視聴

FAN'S VOICE

中学生の時、青春っていえばgleeという感じでした(笑)(16歳・女性)
ドラマの中で歌われる曲も思い入れのあるものばかりです(26歳・女性)

第3位:「ハンニバル」(2013~2015)

番組終了を惜しむファンが大勢いたことを再確認

凶悪殺人鬼の主人公ハンニバルを美しく演じたマッツ・ミケルセンが大人気俳優となり、「もっと見たい」「まだまだ続いてほしい」という声の中で番組が終了したため、近作でもこの部門の3位に選ばれたことに納得。「羊たちの沈黙」などハンニバル・レクター博士の映画シリーズとあわせてもう一度見るのもいいかもしれない。

画像: 番組終了を惜しむファンが大勢いたことを再確認

FAN'S VOICE

表面上はとても優しいレクター博士の涼しげな笑みが美しい(28歳・女性)
グロいけど美しい映像美に夢中でした(24歳・女性)

第2位:「SHERLOCK /シャーロック」(2010~)

見終わったらまた最初からもう一度見たい超人気作

世界的に大ヒット中のミステリー・ドラマで、まだ終了していないのに「もう一度見たい部門」の2位に選ばれるとはさすがとしか言いようがない。見終わったそばから何度でも見たくなる中毒性を持つ本作は、吹き替え版・字幕版の両方で楽しむファンもいる模様。でもやっぱりみんなベネディクトに夢中なのが一番の理由!?

画像: 見終わったらまた最初からもう一度見たい超人気作

FAN'S VOICE

ベネ様演じるシャーロックに一目惚れしました(40歳・女性)
シャーロックのように鋭く観察しながら、ジョンのようにアメイジング!と感嘆しながら、何度も何度も何度も見たい作品です(29歳・女性)

第1位:「フルハウス」(1987~1995)

続編「フラーハウス」誕生でもう一度見たい部門1位に

サンフランシスコに暮らす大家族の日常を描いたシットコムで、日本でも夢中になったファンが続出。3人姉妹が成長していく様子を見守る楽しさもあり、2016年より長女D.J.と次女ステファニー、そしてD.J.の親友キミーが大人の女性になってからのスピンオフ「フラーハウス」も作られた。姉妹の叔父でミュージシャンのジェシーがツアーで来日するエピソードに日本のファンは熱狂。ジェシー役のジョン・スターモズは人気俳優に。

画像: 続編「フラーハウス」誕生でもう一度見たい部門1位に

FAN'S VOICE

タナー家のおじ様の面々は理想の頼りになるおじ様として心を温めてくれました(33歳・女性)
大人になって見返すとこんなに奥が深いなんてと驚きです(27歳・女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.