タンゴ界に革命を起こし、20 世紀で最も偉大な作曲家の一人として知られるアストル・ピアソラ。
2017 年にピアソラ没後 25 周年として製作されたドキュメンタリー” PIAZZOLLA THE YEARS OF THE SHARK(原題)“が『ピアソラ 永遠のリベルタンゴ』として 12 月 1 日(土)より Bunkamura ル・シネマ他全国順次ロードショーと決定した。

息子ダニエル・ピアソラから見た“父、アストル”の生涯という視点

名曲リベルタンゴの生みの親、アストル・ピアソラ。バンドネオン奏者となった彼は、伝統的なタンゴを活かしながら、ジャズやクラシックなどまったく違うジャンルの音楽をあえて取り入れ、独自の“ヌエヴォ・タンゴ”(新しいタンゴ)というスタイルを編み出した。作曲した音楽は、ヨーヨー・マやクロノス・カルテットなどの超一流音楽家にもこよなく愛され、いまだに演奏され続けている。

本作は、彼のパフォーマンスと自身が自己最高の音楽形態と振り返る「ニュー・タンゴ・カルテット」時代の音楽をふんだんに使用し、様々な葛藤を抱えながらも“踊りのための伴奏音楽”といわれたタンゴを伴奏から主奏へ、脇役から主役へとその音楽を昇華させた、ピアソラの想像力の源と魅力に迫っていく。

本作が過去いくつか発表されたドキュメンタリーと一線を画すのは、あくまで息子ダニエル・ピアソラから見た“父、アストル”の生涯という視点が貫かれているところにある。

ピアソラ家の貴重なアーカイヴと映像によって蘇る、アーティストとして、父親として葛藤するアストル・ピアソラの、闘いを挑んだ男の生き様が見えてくる。息子が父に捧げる垂涎のドキュメンタリーがここに誕生する。

ピアソラ 永遠のリベルタンゴ
12月 1 日(土)より Bunkamura ル・シネマ他全国順次ロードショー
配給:東北新社 クラシカ・ジャパン
© Juan Pupeto Mastropasqua

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.