世界三⼤映画祭の常連にして、世界中から新作を待ち望まれているフランス映画界の巨匠フランソワ・オゾンの最新作『Summer of 85』が英題のままで、8⽉20⽇(⾦)より⽇本公開することが決定。それに合わせて映像も公開された。

2人の少年ひと夏の恋物語

本作は、オゾン監督が17 歳の時に深い影響を受けたエイダン・チェンバーズの⼩説「Dance on my Grave」(おれの墓で踊れ/徳間書店)の映画化。1985年夏のフランスを舞台に、少年たちのひと夏の恋物語を鮮やかに描いた爽やかで瑞々しいラブストーリーだ。これまで同監督が描いてきた過激な恋愛描写も今回は封印されている。

本作の主演は、オゾン監督⾃らオーディションで⾒出した注⽬の新鋭フェリックス・ルフェーヴルとバンジャマン・ヴォワザン。進路に悩む労働者階級の16歳の少年アレックス(フェリックス)と、⾃然体で飄々とした18歳のダヴィド(バンジャマン)を演じている。

画像: 2人の少年ひと夏の恋物語

⾊鮮やかでノスタルジックな映像美と、80年代ヒットソングの数々で彩られた、少年たちの美しくも儚い夏のひと時を、普遍的な思春期の初恋の形として描き出した本作は、世界の名だたる映画祭で⾼い評価を獲得。第73回カンヌ国際映画祭でオフィシャルセレクションに選出、第15 回ローマ国際映画祭で観客賞を受賞、第46 回セザール賞では作品賞や監督賞など12部⾨にノミネートされ、多くの映画⼈や観客を魅了している。

今回公開された予告映像ではTHE CUREの「In Between Days」を聴きながら、憂いを帯びた表情でダヴィドとの初めての恋を思い出すアレックスの哀愁漂う姿が映し出されている。

画像: 映画『Summer of 85』ティザー映像(8月20日公開) youtu.be

映画『Summer of 85』ティザー映像(8月20日公開)

youtu.be

ダヴィドがアレックスにとってこの夏のすべてだったと感じさせる幸せな瞬間、悔やんでも悔やみきれない嫉妬に狂い彼に対し憎悪を浮かべた瞬間。狂おしいほど愛した彼の存在を確かめれば確かめるほど、⾔葉にならない感情が溢れ出すエモーショナルな映像となっている。

少年同⼠の瑞々しく刹那の恋に魂が震える最⾼純度のラブストーリー『Summer of 85』は、8⽉20⽇(⾦)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー。

作品情報

【STORY】

セーリングを楽しもうとヨットで⼀⼈沖に出た16歳のアレックス。突然の嵐に⾒舞われ転覆した彼を救助したのは、18歳のダヴィド。⼆⼈は急速に惹かれ合い、友情を超えやがて恋愛感情で結ばれる。アレックスにとってはこれが初めての恋だった。

互いに深く想い合う中、ダヴィドの提案で「どちらかが先に死んだら、残された⽅はその墓の上で踊る」という誓いを⽴てる⼆⼈。

しかし、ダヴィドの不慮の事故によって恋焦がれた⽇々は突如終わりを迎える。悲しみと絶望に暮れ、⽣きる希望を失ったアレックスを突き動かしたのは、ダヴィドとあの夜に交わした誓いだった。

【STAFF&CAST】

原題︓Ete 85/英題︓Summer of 85 【PG-12】
監督・脚本︓フランソワ・オゾン
出演︓フェリックス・ルフェーヴル、バンジャマン・ヴォワザン、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、メルヴィル・プポー
配給︓フラッグ、クロックワークス

公式サイト︓summer85.jp
公式Twitter/Instagram︓@summer85movie

© 2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINÉMA–PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES

This article is a sponsored article by
''.