マルチバースが開かれ、不可能と思われていたことすら可能となる本作。現在出ている情報や噂を基に何が起きるかを考察してみました!(文・平沢薫/デジタル編集・スクリーン編集部)

考察1:複数の“ストレンジ”が登場!

画像: ストレンジは別バージョンの自分とどう向き合う?

ストレンジは別バージョンの自分とどう向き合う?

スティーヴン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)
傲慢な天才外科医だったが、交通事故で両手の神経を損傷して挫折。修行により優れた魔術師になる。

予告編にはいつものストレンジだけでなく、「ホワット・イフ…?」第4話の彼のような邪悪なストレンジ、赤と黒の衣装に身を包むストレンジ、複数の腕を持つストレンジ、ゾンビ版ストレンジが登場。また、2人のワンダが向き合うシーンもある。本作には各キャラクターの、多元宇宙に存在する別バージョンが登場する!?

画像: 【最新作予想】何が起きる!? 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』10の考察

ウォン(ベネディクト・ウォン)
ストレンジの盟友。現在は"至高の魔術師(ソーサラー・スプリーム)"

画像: 考察1:複数の“ストレンジ”が登場!

モルド(キウェテル・イジョフォー)
ストレンジを師匠に引き合わせた元兄弟子。後に別の道を行く。*写真は前作より
『ドクター・ストレンジ』ディズニープラスで配信中 © 2022 Marvel

考察2:ワンダは“マルチバース”の秘密を知っている!?

画像: 魔術書ダークホールドで何を学んだのか明かされるかも!?

魔術書ダークホールドで何を学んだのか明かされるかも!?

ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)
テレキネシス、テレパシーなどの強大な超能力を持つ。禁断の魔法をめぐってストレンジと対立することに?

ドラマ「ワンダヴィジョン」最終話のエンドクレジット後のシーンで、ワンダが魔術書で学んでいるのはマルチバースのことだという説がある。この画面の「ママ、助けて」という声は、マルチバースにいる彼女の息子たちの声なのかも。予告編でストレンジがワンダにマルチバースのことを聞くのは、彼女が何かを知っているから?

考察3:引き金はクリスティーンの結婚!?

画像: 本作でもクリスティーンがキーパーソンに?

本作でもクリスティーンがキーパーソンに?

クリスティーン・パーマー(レイチェル・マクアダムス)
ストレンジが働く病院の緊急救命医。彼の恋人だったが別れる。

予告編のヒビが入った腕時計は、ストレンジがかつてクリスティーンから贈られて、今も持っているもの。ストレンジの彼女への思いは今も変わらない。ストレンジが「ホワット・イフ…?」(2021)で闇落ちしたのは彼女がきっかけだったが、本作の予告編には、彼女のウエディングドレス姿が登場。本作でも彼女が重要な役目を果たす?

考察4:“アメリカ・チャベス”がMCU初登場!

画像: 新ヒーローはどんな活躍を見せる?

新ヒーローはどんな活躍を見せる?

アメリカ・チャベス(ソーチー・ゴメス)
異次元の扉を開けて移動する能力の持ち主。コミックでは飛行能力等も持つ。

MCU初登場のアメリカ・チャベスは、コミックでは2011年に登場。異次元世界で生まれて異次元間移動能力を持つティーンで、ヤング・アベンジャーズ等に参加。マーベル初のラテン系LGBTQキャラとしても有名。演じるソーチー・ゴメスはLA生まれのメキシコ系15歳。ドラマ「ベビー・シッターズ・クラブ」で人気者に。

考察5:ガルガントスとリントラも参戦!

画像: リントラ(中央)は魔術を学んでいるようだ

リントラ(中央)は魔術を学んでいるようだ

クリーチャーたちもコミック出身。アメリカ・チャベスが戦う巨大な触手を持った生物は、レゴの商品名からガルガントスと判明。コミックでは、イルミナティの一員ネイモアと戦うクリーチャーだ。また、予告編で後姿が映る、牛の頭をしたミノタウロス風人物は、コミックの魔法の修行をする異星人リントラだといわれている。

考察6:ドラマ「ロキ」とリンクする?

画像: 開かれたマルチバースの先で何が待つ!?

開かれたマルチバースの先で何が待つ!?

時間軸が枝分かれして、マルチバースのロキたちが登場したドラマ「ロキ」の脚本家は、本作と同じマイケル・ウォルドロン。そもそもストレンジの持つ"アガモットの目"は時間を操るタイム・ストーンだ。「ロキ」で時間分岐を監視して危険な存在を排除していた時間変異取締局が、ストレンジの行動を黙って見ているはずがない!?

考察7:監督は『スパイダーマン』のサム・ライミ!

画像: ダークな演出にも期待しよう

ダークな演出にも期待しよう

マーベル総帥ケヴィン・ファイギは本作について「アクションはクールで、アベンジャーズやスパイダーマンと比べたくなるが、サム・ライミな部分(the Sam Raimi part)を忘れちゃいけない」と発言。それがいったい何なのかが楽しみ。ライミ監督作の常連、『死霊のはらわた』のブルース・キャンベルのカメオ出演も噂されている。

\もしかしたらこんな可能性も!?/

考察8:『X-MEN』のプロフェッサーXが登場!?

予告編の「真実を教えよう」と言う声が、『X-MEN』シリーズのプロフェッサーX役パトリック・スチュワートの声ではないかと話題になり、本人が自分の声だと認めたので、プロフェッサーXの登場は、ほぼ確実。彼はミュータントたちの学園の創設者でX-MENのリーダー的存在。実現すればX-MENキャラのMCU初登場になる。

考察9:秘密結社「イルミナティ」が!?

プロフェッサーXが登場しそうで、予告編でストレンジが連行される広間にイスが6つあることから噂が浮上したのが、ヒーローたちの秘密結社イルミナティ。コミックでは地球を守るためにアイアンマンが声をかけ、ストレンジ、プロフェッサーX、Mr.ファンタスティック、ネイモア、ブラックボルトの6人で結成。この組織が本作に登場!?

考察10:トム・クルーズがアイアンマンに!?

予告編で一瞬見えるアイアンマンに似たキャラに噂あり。これは2014年のコミック「アクシス」シリーズに登場した悪のアイアンマン="スーペリア・アイアンマン"で、演じるのは『アイアンマン』第1作製作にスタジオ側が主演に推したトム・クルーズだとの説が。一方、これはキャプテン・マーベルの別次元版だという噂も。

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス
2022年5月4日(水・祝)公開

アメリカ/2022/ウォルト・ディズニー・ジャパン
監督:サム・ライミ
出演:ベネディクト・カンバーバッチ、エリザベス・オルセン、ベネディクト・ウォン、レイチェル・マクアダムス、キウェテル・イジョフォー、ソーチー・ゴメス
©Marvel Studios 2021

This article is a sponsored article by
''.