『ブラックパンサー』

概要:
アフリカの国家ワカンダ。その国は、巨大なパワーを秘める鉱石“ヴィブラニウム”の産地であり、その鉱石が他国に渡らないよう、周辺から隔離されて独自の発展をとげてきた。国王である父を亡くしたティ・チャラ(ボーズマン)は、ワカンダ新国王の即位の儀式に臨み、挑戦者と戦って見事に勝利。国の守護者である“ブラックパンサー”としてのパワーも与えられる。しかし元婚約者ナキア(ルピタ)との関係や、受け入れられない父の死、国の未来など、ティ・チャラはさまざまな葛藤を続けていた。

同じ頃、謎めいた男エリック・キルモンガー(ジョーダン)が武器商人のユリシーズ・クロウ(サーキス)と協力して、大英博物館からヴィブラニウム製の武器を盗み出す。彼らが韓国のプサンで取引をすると知ったティ・チャラは、妹のシュリ(リティシア・ライト)が改良したブラックパンサーのスーツを着用。ナキアと親衛隊長のオコエ(グリラ)を伴って現地へ向かった。取引相手を装ったCIAのエヴェレット・ロス(フリーマン)も現れ、プサンの市街地で激しい攻防が繰り広げられる。

混乱のなか、クロウを拘束したロスだが、キルモンガーの奇襲に遭って重傷を負ってしまう。ティ・チャラは瀕死のロスを連れてワカンダへ帰還。これはワカンダの掟を破る特別の措置となった。そしてヴィブラニウムのパワーを使って世界征服をもくろんでいたキルモンガーも、ワカンダに姿を現す。キルモンガーは、国王のティ・チャラをも脅かす、ある秘密を抱えていた……。

監督:
ライアン・クーグラー
キャスト:
チャドウィック・ボーズマン/マイケル・B・ジョーダン/ルピタ・ニョンゴ/ダナイ・グリラ/マーティン・フリーマン/ダニエル・カルーヤ/レティーシャ・ライト/ウィンストン・デューク/アンジェラ・バセット/フォレスト・ウィテカー/アンディ・サーキス
配給:
ウォルト・ディズニー・ジャパン
©Marvel Studios 2018 All Rights Reserved.

続きを読む

This article is a sponsored article by
''.