「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の続編『アベンジャーズ4(仮題)』は今から約1年後に見られる予定。その1年間にもMCU映画をじめとするマーベル・ヒーロー映画の公開が目白押し。どんな作品が控えているのか、どんな作品になりそうか、予想もまじえてご紹介します。(文・杉山すぴ豊/イラスト・鈴木智也/デジタル編集・スクリーン編集部)

2018年6月1日

原作で人気のケーブルが登場!
「デッドプール2」が日本公開

テスト試写の評判も良かったらしく期待が高まる待望の第二弾! 原作で人気のケーブル(未来からやって来た傭兵、実はX-MENのサイクロップスの息子)も加わりヒーローアクション色アップ! このメンバーで武闘派系のX-MENチームを描いた“Xフォース”の映画化につながると言われており、それを意識した伏線も多い?

画像: ケーブル役でジョッシュ・ブローリンが参戦

ケーブル役でジョッシュ・ブローリンが参戦

2018年夏

前作のヒロインがNEWヒーローに
「アントマン・アンドワスプ(原題)」が日本公開

前作『アントマン』のヒロイン、ホープが蜂を模した特殊スーツを着てワスプとして登場。アントマンは巨大化しジャイアントマンにも。監督曰くアントマンとワスプのラブコメではなく、MCU初の女性ヒーロー名をタイトルにうたった作品にふさわしく、ワスプが大活躍。ホープの母で初代ワスプ役にミシェール・ファイファー。

画像: 前作「アントマン」のヒロインが新ヒーローに

前作「アントマン」のヒロインが新ヒーローに

2018年12月

スパイダーマンのライバルが主人公に
「ヴェノム」日本公開

スパイダーマンのライバルとして人気のヴェノムを主人公にした新作。映画『スパイダーマン3』に一度登場しているが本作とは関係ない。ヴェノムがサンフランシスコで“ヒーロー”として人々を守る原作エピソードの映画化らしい。トム・ハーディーが主人公を演じる。『ゾンビランド』の監督だけにホラー×コメディ・テイスト?

画像: Venom

Venom

2019年2月14日

ジーン・グレイのダークサイドが暴走
「X-MEN:ダーク・フェニックス」(原題)が全米公開

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』から始まるジェームズ・マカヴォイらが若き日のX-MENを演じるシリーズの第4弾。メンバーの一人で、地上最強のテレパスの一人ジーン・グレイのダークサイドが暴走、ダーク・フェニックスとなり最大の危機が。原作では宇宙にまで広がるエピソードでX-MEN映画初の宇宙ものとなる可能性も。

Jean Grey

CHECK:「X-MEN」シリーズ最新作2本が全米公開延期

「X-MEN」シリーズ最新作「X-MEN:ダーク・フェニックス(原題)」と「ニュー・ミュータンツ(原題)」は全米公開が延期されることが発表された。「…ダーク・フェニックス」は当初の2018年冬公開から2019年2月14日公開に、「ニュー・ミュータンツ」は当初の予定から約半年延期となり、2019年8月2日公開となった。「ニュー・ミュータンツ」は若きミュータントたちの活躍を描いたX-MENシリーズのスピンオフ的作品だが、なんと彼らが戦うのは悪霊?

また活躍するミュータントも狼人間や魔女とスーパーナチュラル系。X-MENの世界観をかりたホラー×スーパーヒーロー映画という異色作になりそう。ジェームズ・マカヴォイがプロフェッサーX役で登場との噂も。

『ニュー・ミュータンツ』には「スプリット」などのアニヤ・テーラー・ジョイらが出演
Photo by Jeff Spicer/Getty Images

2019年3月8日

オスカー女優が最強の女性ヒーローに
「キャプテン・マーベル(原題)」が全米公開

オスカー女優ブリー・ラーソンがマーベルを代表する、怪力と飛行能力を持った女性スーパーヒーローを演じる。90年代が舞台でサミュエル・L・ジャクソン演じるニック・フューリーは片目を失う前の姿。さらにあのエージェント・コールソンも登場の噂! 原作で人気の地球人に変身するスクラル星人がメイン・ヴィランらしい。

Captain Marvel

2019年5月3日

最新作のカギを握るのはなんと日本!?
「アベンジャーズ4」(仮題)が全米公開

今までのMCUキャストの多くが本作でリセットされると言われる注目の1作。新メンバーによる新生アベンジャーズが誕生? また気になるのは日本を舞台にしたシーンがあり、そこに真田広之登場、さらにジェレミー・レナーがホークアイではなくローニンという日本を意識したキャラになるとの噂もあり“日本”が重要なポイント?

画像: 『アベンジャーズ4』ではホークアイが重要な役割を果たす!?(写真は「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」)

『アベンジャーズ4』ではホークアイが重要な役割を果たす!?(写真は「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」)

『アベンジャーズ4』以降のマーベル映画はどうなる!?

2022年まで作品が予定されているMCU。現時点で確実なのは『スパイダーマン:ホームカミング』の続編。舞台がヨーロッパでブラックパンサーか妹シュリが出るとの噂。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の3作目も20年公開とジェームズ・ガン監督が明言。

画像: 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」第3弾も製作予定(写真は前作)

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」第3弾も製作予定(写真は前作)

『ブラックパンサー』の続編、『ブラック・ウィドウ』のソロ映画も検討中。一方MCUのスパイダーマンとは別に『ヴェノム』同様スパイダーマンのコミックに登場するキャラを使った『シルバー&ブラック』(女傭兵&女怪盗)『ナイトウォッチ』(監督スパイク・リー?)も準備中。ただ『ヴェノム』にMCUのスパイダーマンことトム・ホランドのカメオの噂もあり、MCUとつながる?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.