この夏の話題作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」で、またまた人気に火がついているクリス・プラット。頼もしくて面白くてカッコいいアニキというイメージですが、元々いろいろな経験や才能を持っているユニークな男優。そんな彼について知っておきたい15の項目をお教えしましょう!(文・金子裕子/デジタル編集・スクリーン編集部)

01: 子供の頃からポジティブ!

1979年6月21日、ミネソタ州ヴァージニア生まれ、ワシントン州レイクスティーブンソンで育つ。父は炭坑などで働く建設業者、母はスーパーのレジ係。

画像: 母キャシーさん、兄のカリーさんと

母キャシーさん、兄のカリーさんと

子供の頃はあまりの貧しさから3ドルコミックも高くて買えなかった。靴も穴だらけで「一度ビンゴをした時に85ドル獲得。そのお金でReebokのスニーカーを買って、足が大きくなって窮屈になるのを我慢して3年間履き続けたこともある」が、「ああいう暮しを体験したことで、お金の大切さがわかったから、いいんだ」と、ポジティブ・シンキング!

02: 愛称は〈モンキー・ボーイ〉

小さい頃からの愛称は、<モンキー・ボーイ>と<ラット(ネズミ)・ボーイ>。「子供の頃からメチャクチャ頭が小さくて耳と歯が大きかったから、父親がネズミみたいだと言ってラット・ボーイと呼んだんだ」。しかし<モンキー・ボーイ>については、どうしてそう呼ばれるのか本人も謎。とはいえ、いまでもいちばんの親友を含めてみんなが<モンキー・ボーイ>と呼んでいる。

03: 気さくなアスリート

画像: アメフトをやっていたことも

アメフトをやっていたことも

身体能力抜群で、高校時代にはアメリカンフットボールのクオーター・バック、陸上、さらにはワシントン州でも有数のレスラーとして注目されるアスリートだった。また、気さくで謙虚な性格のクリスは学内の人気者であり、卒業式のスピーチ代表にも選ばれている。卒業後は、仲間だったレスリング・チームについてのドキュメンタリー撮影を行い、自らナレーションも担当。高い評価を得ている。

04: 多彩な才能

いまでは俳優としての才能を開花させているクリス。じつは、他のジャンルでも豊かな才能の持ち主。かつて、玄関先でクーポンを売るセールスマンをしていたことがあるが、約2年でそのビジネスを成功させ従業員を雇うまでになっていた。つまり商才ありってこと。

画像: 『パークス・アンド・レクリエーション』で音楽の才能も披露

『パークス・アンド・レクリエーション』で音楽の才能も披露

その他、『パークス・アンド・レクリエーション』などで確認できるミュージシャンとしての才能もあり。いつか、その才能を活かした映画が作られることを期待したい!

05: お気楽な“ホームレス”

営業マンをしていた会社を19歳で辞めて無一文に。そんなクリスを見かねた親友が、自分が住んでいるマウイ島までの片道航空券を送ってきてくれた。そこで、早速、親友と合流したクリスは、ガソリン代と食費と釣り道具代だけを稼ぎ、毎日、キャンプをして、飲んで、騒いで、海辺のバンに滞在。お気楽な“ホームレス”生活を満喫していた。

06: ショウビズ界への扉、オープン!

マウイ島のレストランでウェイターとして働いていたクリスをスカウトしたのが、有名なコメディ俳優トミー・チョンを父に持つ女優のレイ・ドーン・チョン。数日後には彼女の初監督作『Cursed Part3』(2000年)でのデビューが決まり、俳優としてのキャリアをスタート。

『エバーウッド 遥かなるコロラド』や『The O.C.』などのテレビ・シリーズに出演して人気を獲得するが、大ブレイクには至らなかった。

07: 恋のキューピッドは昆虫!?

画像: 出会いの作品『パーティー・ナイトはダンステリア』のプレミアでアナと一緒に

出会いの作品『パーティー・ナイトはダンステリア』のプレミアでアナと一緒に

元妻アナ・ファリスとの出会いはコメディ映画『パーティー・ナイトはダンステリア』(日本DVD公開)。撮影が行われた2007年当時、アナはすでに『最終絶叫計画』などで名前を知られていたが、クリスはほとんど無名。

が、そんな“格差”を埋めたのが昆虫。クリスが所有するたくさんの昆虫標本をアナに見せたところ、彼女は大喜び。じつは彼女も昆虫オタクだったのだ。そこで意気投合して、2人は09年7月にゴールイン!

08: 生き物、大好き!

画像: アナと暮らしていた頃、愛犬と散歩

アナと暮らしていた頃、愛犬と散歩

膨大な昆虫標本を所有するマニアだが、じつは、その他にも様々な動物を飼育している、生き物大好き人間。たとえば、トカゲのパッフ、金魚5匹(ピンキー、ブライアン、ジョエル、ピール、サンディー)、アストロノータスのチェフ、2匹のパグ、アルパノカエルのウィットニー。その他にも、ハエトリグサやエビなど、数えたらキリがありませ~ん。

09: サクセスと別れ

2012年8月、第一子となる長男ジャック誕生。好調なレギュラー番組『パークス・アンド・レクリエーション』で人気を獲得し、『マネーボール』(2011年)、『ゼロ・ダーク・サーティ』(2012年)など話題の映画にも出演。ついには主役に抜擢された『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)が大ヒットとなり、キャリアも順風満帆。プライベートでも“美しきカップル”と称されて羨望のまなざしを浴びていた夫妻。

しかし、人気者になればなるほど家族と一緒に過ごす時間が削られていくのはよくあること。2017年12月には離婚申請をしている。

2人の共同声明によればその理由は「価値観の違いが生じてしまった」らしいが、いっぽうで、アナが『__[パッセンジャー}(https://screenonline.jp/_ct/17052755)__』で共演したジェニファー・ローレンスとクリスの仲を疑ったのが原因とも囁かれている。

10: 脱・ぽっちゃりイケメン!

もともと太りやすい体質なので、『パークス・アンド・レクリエーション』で演じたちょっとぽっちゃりで愉快な男アンディのイメージが強い。だからこそ、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』への大抜擢は、誰もが驚いた。という前に、クリス自身が「えっ、俺がマーベルコミックのヒーローに?」とビックリしたそうだ。

しかし、そこは生真面目な性格。撮影の6ヶ月前から厳しい食事制限とトレーニングを開始して大変身。筋肉バキバキの美体型を手に入れ、顔も引き締まって本来のイケメンに。ちなみに、2010年頃から『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』/_ct/17077837)__』の撮影が終了する数年間で、31キロの減量を行っている。

11: 愛息子ジャック君へ

画像: 一人息子のジャック君とは仲良し

一人息子のジャック君とは仲良し

ひとり息子ジャック君は、もうすぐ6歳。「子供を持つことほど素晴らしいことは無いよ」と常々語っているクリス。父としての哲学を「重要なのは、つねにそばにいること。物理的に離れていても、その存在を近くに感じさせる。これがすごく重要なんだ」と言う。

昨年12月にアナと離婚が成立し、親権を持つ母親と暮らす息子への思いは果てしなく、せつないだろうなぁ。

12: 少年の心を持つヒーロー

飾らないやんちゃな性格。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズで演じるピーター・クィルと同様に、“ポジティブなリーダーシップ”も備えているクリス。同シリーズはもちろん、もうひとつの大ヒット・シリーズ『ジュラシック・ワールド』の撮影現場でもその“男気”は充分に発揮。

共演のブライス・ダラスもクリスを絶賛

ジュラシック・ワールド』の共演者ブライス・ダラス・ハワードも、かつての来日で「すごく愉快で優しくて、素晴らしい反射神経の持ち主。それは肉体的だけじゃなくて感性の面でもいえるの。周囲の人々の心の動きをちゃんと感じ取って、みんなが心地よくできるように気を配る。まさにリーダーであり、本物の紳士よね」とベタ褒めでありました。

13: あくなき演技の探求

本格的な演技レッスンを受けたことはないが、演じることへの情熱とひたむきさ、そして努力は人一倍。『マネーボール』で、実在の人物=元オークランド・アスレチックスの選手スコット・ハッテバーグを演じるために彼の生活面やメンタリティを観察するだけではなく、プロ予備軍の練習キャンプに参加し左打ちの特訓も受けている。

画像: 恩人と仰いでいる在りし日のホフマンと

恩人と仰いでいる在りし日のホフマンと

また、共演者だったオスカー俳優フィリップ・シーモア・ホフマンに教えをこい集中法や演技法を伝授してもらっている。

14: 日本にお引っ越し?

昨年(2017年)来日時にジェームズ・ガン監督とはしゃぐクリス

昨年(2017年)4月に来日したクリス。「日本のみんなは優しくて、親切で、大好き。僕はお寿司が大好きでロサンゼルスでもよくお寿司を食べて満足していたけれど、日本のお寿司は比べ物にならない。もう、日本に引っ越してきちゃうよ!」と、移住宣言まで飛び出した。

15: 新しい恋の芽生え?

昨年の12月にアナと離婚したクリス。さぞや寂しい毎日を?と思っていたが、最近になって恋のウ・ワ・サ。お相手は、アーノルド・シュワルツェネッガーの娘である、28歳のキャサリンとのピクニック・デートが目撃されたのだ。ふたりは、カリフォルニア州サンタバーバラの公園で仲睦まじくサンドイッチやリンゴを食べながら笑い合っていたとか。この恋のゆくえ、静観したい。

この夏話題のクリス・プラット主演作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」についてはこちらからチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.