ミュージカル映画や音楽映画で自慢ののどを披露するスターはこれまた数知れず。その中でも、ホンモノの歌手並みに上手いスターもたくさん!そこで近作を中心に気になるベスト・オブ・歌うまスターを勝手に選出!(文・相馬学/デジタル編集・スクリーン編集部)

エントリーNo.1
ヒュー・ジャックマン

舞台での経験を活かした折り紙つきの歌唱力

画像: 「グレイテスト・ショーマン」

「グレイテスト・ショーマン」

舞台で何度もミュージカルの経験を積んでいるだけに、歌の上手さは折り紙つき。『レ・ミゼラブル』『グレイテスト・ショーマン』での歌唱とダンスは、まさに貫禄十分だ。声優として出演した『ハッピーフィート』では、エルヴィス・プレスリーの“ハートブレイク・ホテル”を熱唱。アカデミー賞授賞式で司会を務めた際にも、歌の才を見せつけた。

エントリーNo.2
ニコール・キッドマン

キュートな歌声が最高!

画像: 「ムーラン・ルージュ」

「ムーラン・ルージュ」

『ムーラン・ルージュ』での堂々たる歌いっぷりに驚かされたファンは少なくないはず。ショーの舞台でブランコに乗り“スパークリング・ダイアモンズ”を歌う姿は、ミュージカル・スターのそれと言って差し支えない。『ハッピーフィート』でプリンスの“キッス”をヒュー・ジャックマンとデュエットした際の歌声もキュートで、最高!

エントリーNo.3
ユアン・マクレガー

歌声を武器に舞台でもミュージカルに

『普通じゃない』のカラオケ演技ではピンとこなかったが、ロック歌手を演じた『ベルベット・ゴールドマイン』ではただ者ならぬ気配が。そしてミュージカル『ムーラン・ルージュ』では本領を発揮!ヒロインに向かって歌うエルトン・ジョンの“ユア・ソング”はロマンチックこのうえない。この歌声を武器に、舞台のミュージカルにも出演している。

エントリーNo.4
グウィネス・パルトロー

「デュエット」

『デュエット』でベテラン・アーティスト、ヒューイ・ルイスの向こうを張る見事な歌声を披露して以来、歌の上手い女優のイメージが定着。『カントリー・ストロング』(日本は劇場未公開)やTV『glee/グリー』での歌の熱演も印象深い。アカデミー賞やグラミー賞の授賞式でも歌のパフォーマンスを披露しており、一時はレコード会社と契約するとのニュースも流れた。

エントリーNo.5
タロン・エガートン

アニメ「SING」で隠れた実力が炸裂!

画像: 「SING /シング」

「SING /シング」

『キングスマン』シリーズで主演を務めてブレイクした英国の若手アクター、エガートンも、歌に関してはなかなかの実力派。声優として出演した『SING/シング』では歌に懸けるゴリラの若者を演じた。ゾンビーズの“ザ・ウェイ・アイ・フィール・インサイド”やエルトン・ジョン“アイム・スティル・スタンディング”の熱唱に胸アツ!

エントリーNo.6
リース・ウィザースプーン

実在歌手を演じてアカデミー賞受賞!

画像: 「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」

「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」

なんといっても、アカデミー主演女優賞に輝いた『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』。実在の女性歌手ジューン・カーターにふんした彼女は、本家に負けないパンチの効いた歌声で、観る者を圧倒した。大家族であるブタの一家の専業主婦で、歌うことが大好きな女性にふんしたアニメーション『SING/シング』での熱唱も素晴らしい!

エントリーNo.7
オスカー・アイザック

実は名門ジュリアード音楽院卒業生

画像: 「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」

新『スター・ウォーズ』シリーズのポー役で、英雄への階段を上りつつあるアイザック。一見ヒスパニック系のワイルドな個性派だが、実は名門ジュリアード音楽院の卒業生でもある。そんな彼の音楽的才能をスクリーンに刻み付けたのが『インサイド・ルーウィン・デイヴィス名もなき男の歌』。ギターを弾きながらフォークを歌う渋いボーカルが光った。

エントリーNo.8
ルーク・エヴァンズ

悪役でもその美声で注目を集める

画像: 「美女と野獣」

「美女と野獣」

新世代の英国イケメン俳優として注目され、ハリウッドでも『ワイルド・スピード EURO MISSION』等でブレイクを果たしたエヴァンズ。彼もまた、キャリア初期には本国イギリスで、多くの舞台ミュージカルを経験した実力派だ。そんな彼だから、『美女と野獣』でガストンはハマり役。悪役ながら、その美声で熱視線を集めた。

エントリーNo.9
エミー・ロッサム

幼いころからオペラを学んでいた

画像: 「オペラ座の怪人」

「オペラ座の怪人」

ジェラード・バトラー主演の『オペラ座の怪人』でヒロインを務め、巨匠アンドリュー・ロイド・ウェバーの楽曲を歌いこなしたエミー。これをステップにしてレコード・デビューを果たしたのはご存知のとおり。幼い頃からオペラを学び、舞台に立っていた実力がスクリーンでも花開いた。デビュー作『歌追い人』をはじめ、独唱演技が多い。

エントリーNo.10
エイミー・アダムス

ミュージカル・ヒロイン役でブレーク

画像: 「魔法にかけられて」

「魔法にかけられて」

ディズニーの『魔法にかけられて』でミュージカル・ヒロインを務め、ブレイクしたエイミー。“真実の愛のキス”のオペラ風の歌唱から“想いを伝えて”のモダンポップ風の歌声まで、多彩なボーカルを聴かせてくれた。その後『ザ・マペッツ』でも歌声を披露。彼女もハイスクール時代にコーラス部に在籍しており、下地は万全だったのだ。

エントリーNo.11
アナ・ケンドリック

「ピッチ・パーフェクト」で実力発揮!

画像: 「ピッチ・パーフェクト」

「ピッチ・パーフェクト」

子どものころからブロードウェイ・ミュージカルの舞台に立ち、史上3番目の若さでトニー賞にノミネートされたのだから、実力は折り紙付き。映画の分野で、そんな彼女の実力が遺憾なく発揮されたのは『ピッチ・パーフェクト』。コーラスワークもさることながら、独唱でも凄みを発揮。以後も本作の続編の他、スクリーンで歌いまくる!

エントリーNo.12
アン・ハサウェイ

「レ・ミゼラブル」のパフォーマンスが圧巻

画像: 「レ・ミゼラブル」

「レ・ミゼラブル」

アカデミー助演女優賞を受賞した『レ・ミゼラブル』で、スーザン・ボイルの歌唱でもおなじみの“夢やぶれて”のパフォーマンスは、まさしく圧巻。それもそのはず、アンはハイスクールの頃、コーラス部に所属しており、カーネギーホールの舞台にも立ったことがあるのだ。アカデミー賞授賞式で司会を務めた際にも歌声を披露している。

歌うまスターは他にもたくさん!

『レ・ミゼラブル』のエディ・レッドメイン、『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーン、『美女と野獣』のエマ・ワトソンなどなど、歌に挑戦する俳優は、決して少なくない。トム・ヒドルストンは実在した伝説的シンガー、ハンク・ウィリアムズにふんした『アイ・ソー・ザ・ライト』で、渋い歌声を披露。『ロック・オブ・エイジズ』でのトム・クルーズ、『イントゥ・ザ・ウッズ』でのエミリー・ブラントの歌声も光っていた。

「アイ・ソー・ザ・ライト」

逆に、キャメロン・ディアスは『ベスト・フレンズ・ウェディング』『普通じゃない』『ホリデイ』でオンチ演技を披露。一方では『シュレック3』『ANNIE/アニー』で立派な歌唱力を見せつけているのだから面白い。結局のところ、歌も演技のスキルのひとつ、なのだ。

音楽好きのあなたにオススメ

__【厳選18枚】必聴!名作映画を彩ったスクリーン・ミュージック

__思い出の名映画音楽を作った巨匠たちの秘密を描くドキュメンタリー映画公開

__NO MUSIC NO LIFE 伝説のキューバ音楽バンドのさよなら公演「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」

__音楽と出会い夢を見つけた子供たちの姿を描く感動作「オーケストラ・クラス」8月18日公開

__人気UKバンド”blur”のアルバムと同タイトルの青春音楽映画が11月9日(土)に公開決定!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.