マーベルのすてきなキャラクター・グッズでおなじみ人気イラストレーターグリヒル。今回SCREENは彼女たちに独占インタビュー、マーベル・グッズの製作秘エピソードなどをたっぷり聞いちゃいました。新作グッズの情報もたくさんお届けしますので最後までご覧ください!(インタビュアー・横森 文/デジタル編集・スクリーン編集部)

マーベル・グッズ・ショップでいまいちばん人気といえばグリヒルのキャラクター・グッズ。可愛らしくて楽しくて、私も大好き!というファンも多いはず。そのイラストを描いているグリヒルは、ササキさんとカワノさんの女性二人によるアーティスト・ユニット。実はお二人は、マーベルをはじめ
とするアメコミのアーティストとして本国でも活躍中。

画像1: マーベルファン必見!超人気アーティスト グリヒルに直撃!グッズ情報も

グリヒル Gurihiru

ササキさんとカワノさん、日本人女性二人のアーティスト・ユニット。学生時代からの友人同士で、札幌で会社勤めをしていた頃、マーベルが日本人アーティストを募集していると聞いて応募。『パワーパック』『グウェンプール』などを手掛ける。ちなみにアメコミでは脚本を書くライターと作画担当が分かれていて、グリヒルは作画担当。ササキさんが絵を描いてペン入れまでし、カワノさんが彩色するカラリストを務めている。

それでは、グリヒルさんのイラストを見ながらインタビューの内容を見て行きましょう

顔出しのキャラクターは難しい。だから一番大変だったのはドクター・ストレンジですね

ーーグリヒルさんが手がけたグッズはすごくキュートで大人気です。やはり可愛らしい絵柄を描いてほしいと言われたのですか?

ササキ「可愛らしくして、とは特に言われませんでした。二人のテイストでと言われただけで、細かいリクエストはなかったですね」

カワノ「実は最初は、赤ちゃんのイメージでデザインしたんです。そもそもコミックで『A-BABIES VS. X-BABIES』という、アベンジャーズ対X-MENを赤ちゃんバージョンにして戦うコミックを描いたことがあって、そのイメージでイラストにしようと」

ササキ「例えばキャプテン・アメリカなら、頭の“A”の文字が小文字の“a”になっていたり、アイアンマンがオムツ姿とか(笑)」

カワノ「おしゃぶりをくわえていたりね」

ササキ「ターゲットが子供だと思っていたから。ところがそうしたらグッズとしては子供向けすぎるから、頭身をあげてほしいと」

アイアンマンとペアが多いキャプテン・アメリカだけど、最近はウィンター・ソルジャーとのペアも人気です。

ーーそれで2頭身から3頭身になった。

ササキ「はい。そこで大幅にデザインが変わり、全体的に四角い感じでガッチリしたものになりました。あと、主線つまりキャラクターをかたどる黒い線があると、見た目が強くなってしまうから、主線をなくして柔らかい感じにしました」

ーーキャラクターは自分で選ぶのではなく、誰々を描いて下さいと頼まれるんですか?

カワノ「最初はアベンジャーズのメンバーとロキとスパイダーマンとヴェノムでしたね」

とにかく人気の高いロキ。グリヒルさんも大好きなキャラクターだそう。やんちゃな感じがたまらなくステキ。

ーーロキはとっても人気がありますが、あのデザインに至るまではやはり大変でしたか?

ササキ「映画の俳優には似せずに、コミックコスチュームが主体でと言われているんです。だからロキもコミック版をベースにデフォルメを。これはあっさりとできあがりました。自分もロキ好きなので、もうこれしかないと」

ーー私個人としてはサノスの絵が大好きです。

ササキ「2回目のオファーで来たのが、サノスとドクター・ストレンジとブラックパンサーとウィンター・ソルジャーでした。サノスは最初、怖いイメージで描いていたんです」

カワノ「眼の白目部分が黒で赤い瞳という感じ。もともとのコミックの絵に寄せてね」

ササキ「そうしたら、サノスにも人間的な優しさがあるだろうからそれがほしい、と」

カワノ「映画版でいうところのガモーラとのやりとりとか。親心とか」

ササキ「だから眼が黒だと悪役すぎる、と。私たちとしては黒で行きたかったのですが」

カワノ「もっと怖くしたかったんです。でも結局は白になって、今のデザインになりました。デザイン的に一番苦労したといえば、ドクター・ストレンジになるでしょうね」

ササキ「他のキャラクターはマスクとかしていますが、ストレンジは顔出し。しかもぶっちゃけて言ってしまえばオジサンの顔(笑)。そんなオジサンのキャラをどう可愛くするか」

ーーそこは難しそうですね(笑)。

ササキ「最初はハルクのように点目にしていたんです。これなら可愛いしイケると思ったんですが、やっぱり白目部分が欲しいと言われて。結局、何回も書き直しましたね」

巨大なハルクは怒りの化身だけど、点目にすることでかわいらしさアップ。強かわいいって最強じゃない?

ーー顔出しという意味ではブラック・ウィドウは?

ササキ「女性は描きやすいんですよ。あと、ホークアイはコミック寄りだからサングラスをかけているし。ストレンジ以外はそんなに苦労はしていないですね」

カワノ「もともとササキはデフォルメが得意なんです。昔、趣味で描いている時から、よくデフォルメ・デザインはやっていたので」

ササキ「『スポーン』なんかをデフォルメ・デザイン化して雑誌とかに投稿していたんです」

カワノ「だから、たとえばヴェノムにしても、特徴があるからそんなに苦労しないんです。ブラック・ウィドウもわりと今まで描いていたタイプだったし」

画像: ブラック・ウィドウの身体能力の高さがよくわかる躍動感あふれるポーズ。女性は描きやすい、とグリヒルさん。

ブラック・ウィドウの身体能力の高さがよくわかる躍動感あふれるポーズ。女性は描きやすい、とグリヒルさん。

画像: コミックがベースになっているのでホークアイはサングラスかけてます。そこがまたクールでカッコいい。

コミックがベースになっているのでホークアイはサングラスかけてます。そこがまたクールでカッコいい。

グッズのことは知らないので東京コミコンの時、その多さにひっくりしました

ーーグリヒルさんがイラストを描く時に気をつけていることは?

ササキ「もともとディズニー・アニメーションの影響が大きくて。ディズニー作品はとにかくいっぱい見たし、アニメーターが書いた書籍もたくさん読みました。そうやって自分なりに研究して学んだのが、全部を曲線では描かないこと。例えば腕なら(実際に描きながら)、こちら側の筋肉を曲線でイメージしつつ描いたら、もう片側の線は直線で表す、といった風に。だから描く時は常に曲線と直線を混ぜるように意識しています」

ーーディズニーも含め海外の影響が大きいと。

カワノ「私はカラーリングが担当なので作画には絡んでいませんが、やはり色合い的には昔のカートゥーンの背景とか好きですね。もちろん日本のアニメもたくさん見ていますが、影響という点ではフランスのバンド・デシネの柔らかな色合いの雰囲気とか大きいかも。でもカラーのことで苦労したことはないです。そもそも塗る際に、これがどんなグッズになるかとか知らされてないですし」

ーーえ、知らないんですか!?

ササキ「私たちは一体一体の画を描くだけで、グッズになる場合、デザイナーの方がデザインして下さっているんです。例えば『アイアンマン』では2ポーズ描いていますが、それがどんなグッズになるのかはまったく知らないんです。だから東京コミコンの時に見てビックリしました。たくさんの商品が発売されていたので(笑)」

何度も推敲を重ねてこのスタイルに。カッコよくてかわいくて日本テイストもあって、カンペキすぎ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.